1UP情報局【ワンナップ】秋葉原&エンタメ情報

秋葉原&エンタメ情報をはじめとした旬なニュースを配信

【秋葉原】「明和電機」初の実店舗、ラジオデパートに3月30日オープン!ナンセンスな商品がぎっしり

LINEで送る

青い作業服を着用してユニークな楽器を演奏するスタイルで知られる「明和電機」の、初となる公式ショップ「明和電機 秋葉原店」が2019年3月30日(土)、東京・秋葉原にオープンする。場所は、JR秋葉原駅電気街口より徒歩1分、老舗の電気部品販売ビル「東京ラジオデパート」の2階。
main

「アートからマスプロダクトへ」をテーマに、ここでしか手に入らないナンセンスマシーンなどのアートから、大ヒット商品のオタマトーンのようなプロダクトまで、明和電機のすべてがぎっしりつまったお店になる。

また、 「明和電機 秋葉原店」の隣には、 明和電機プロデュースによるレンタルスペース「ラジオスーパー」をオープン。「ラジオ」という言葉を「ラジカル(急進的かつ根源的)なオブジェ」と再解釈し、電気や機械のしくみをつかったユニークな商品を制作するクリエーターが出店する。

第1期ラジオスーパー出店者「ギャル電」

第1期ラジオスーパー出店者「ギャル電」

さらに、「明和電機 秋葉原店」に併設される「ラジオギャラリー」では、 「パチモク&コイビート展」を開催。指パッチンで木魚を鳴らす楽器「パチモク」と、昔なつかしのナショナルのスイッチのシーケンサー「コイビート」というふたつの楽器は、1993年の明和電機の出発点の年に開発され、明和電機のスタイルを社会に深く印象づけた。 このふたつの楽器の歴史としくみに迫る。

sub6

明和電機プロフィール

sub1

土佐信道プロデュースによる芸術ユニット。青い作業服を着用し作品を「製品」、ライブを「製品デモンストレーション」と呼ぶなど、日本の高度経済成長を支えた中小企業のスタイルで、様々なナンセンスマシーンを開発しライブや展覧会など、国内のみならず広く海外でも発表している。

音符の形の電子楽器「オタマトーン」などの商品開発も行う。2016年1月には中国上海の美術館McaMで、大規模展覧会を成功させた。デビュー25周年となる2018年は大分、長崎で個展を開催した。

https://www.maywadenki.com/

第1期ラジオスーパー出店者

伊藤尚未 / 伊豆見香苗 / 宇田道信(UDAR) / オカモトラボ / ギャル電 / (株)キューブ / キンミライガッキ / 現代美術二等兵 / スイッチサイエンス / タカハ機工(株) / (株)タカラトミーアーツ / デイリーポータルZ / 土佐正道(明和電機会長) / 株式会社人間 / バイバイワールド / Hana道場 / (株)バード電子 / パンタグラフ / 藤原麻里菜 / マタタビ屋 / メテオエレクトロニクス / Gottfried Haider / Line-us / necobit / Qux / takewari株式会社(おばけパズル) / (株)TASKO / ThousanDIY

作品詳細はこちらから
https://www.maywadenki.com/news/radiosuper1st/

店舗情報

名称:「明和電機 秋葉原店」 「ラジオスーパー」 「ラジオギャラリー」
場所:東京ラジオデパート2階(〒101-0021 東京都千代田区外神田1丁目10-11)
開店時間:10:00~19:00 火曜定休日

オープンイベント
2019年3月30日(土)、 31日(日)
先着数量限定で開店記念明和電機ロゴ入りタオルをプレゼント!

サイン会
時間:13:00/15:00/17:00
明和電機社長によるサイン会です。 ※商品お買い上げの方に限ります。

●編集部オススメ

・【イベント・レポ】多彩なジャンルの精鋭マニア勢揃い「マニアフェスタvol.2」に行ってきた

・【秋葉原】「サイバーパンク×カワイイ」近未来をイメージしたメイドカフェ『アキバ絶対領域』4号店、3月14日オープン!

・【秋葉原コスプレ】忍者コラボカフェで忍者&甲冑コスプレ体験!戦国時代の主人公気分を味わおう!!

この記事が気に入ったらフォローしよう