1UP情報局【ワンナップ】秋葉原&アキバ系ニュース・エンタメ情報

秋葉原&アキバ系のエンタメ情報をはじめとした旬なニュースを配信

【コスプレ】人気コスプレイヤー宮本彩希さんが謎の決めポーズ!! 着た人間をダメ人間にさせる「冬のダメ着2018」発売

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

11月6日(月)、アイデアグッズブランドのビビラボは新商品「ニュータイプ着る毛布 冬のダメ着2018」を発売することを発表した。商品の着用モデルには人気コスプレイヤーの宮本彩希さんが起用されている。

_prw_PI10im_iY6lipwD今回の新商品「冬のダメ着」とは、フリース素材を生地につかった人型の着る毛布。 手足や頭の露出の調整が柔軟にできているのが特徴だ。それゆえ頭から爪先まで暖かさを身にまとったまま、アクティブに家事をすることも、ダラダラ過ごすことも可能という仕様になっている。

着用モデルには、人気コスプレイヤーの宮本彩希さんを起用し、「ダメ感」がある決めポーズや、リラックスしているかわいい表情、睡眠カットが掲載されている。_prw_PI1im_dmqomphD_prw_PI2im_6KY6u8xW

実は過去にも「着る毛布」はリリースされていて、初代モデルの発売から4年が経過。「起床時布団から出る勇気が必要ない」「暖房代の節約になる」「SNSウケがいい」などと購入者には好評で、今回さらに改良を加えた新商品リリースに至ったという経緯がある。 今シーズンも更に多くの「動けるダメ人間」を量産することをミッションに、下記の改良を加えた。

改良点

1)股部分はサルエルパンツ型に、肩周りはラグラン袖に 

今回より、股関節や太もも周りがゆったりとしたサルエルパンツスタイルを採用。 突っ張ったり股裂けが起こったりする心配がなくなった。 肩周りも動かしやすいラグランタイプに変更し、体格の良い人も更に動きやすくなった。_prw_PI10im_iY6lipwD

2)着たままトイレシステム4.0 

脱がずに用を足せる「着たままトイレシステム」。 今回の最新型では一般的な便座サイズを参考に、開口部のサイズを45cmに広げ、コの字型に開くよう改良。 スムーズにお尻を出したり片付けたりできる。_prw_PI8im_sN220LH0

3)フリーフットシステム3.0 

かかと部分を面ファスナーで開閉し、よりスムーズな足の出し入れを可能に。 アクティブに活動したいときには足を出し、ソックス部は邪魔にならないよう、ボタンでスネ部分に固定。 足元のもたつきを軽減した。 足首にゴムを入れたことで、足先がずれにくくなり、より快適な歩行できるようになった。_prw_PI9im_0Y8R2Js1

商品概要

ニュータイプ冬のダメ着2018

【型番:サイズ・カラー】
HFD-M-BK-18:Mサイズ(対応身長150~165cm)・ブラック
HFD-L-BK-18:Lサイズ(対応身長165~175cm)・ブラック
HFD-XL-BK-18:XLサイズ(対応身長175~180cm)・ブラック
【素材】ポリエステル100%
【価格】オープン価格(税別参考 M/L:8,400円、XL:8,800円)

ダメ着インナー

「冬のダメ着」をさらに快適に使ってもらえるよう、専用の「ダメ着インナー」を同時発売。 肌触りがよく、伸縮・吸汗に優れたレーヨン混のコットン生地を使用。 もちろん「着たままトイレシステム」も搭載している。_prw_PI11im_2Uk18lH8

【型番:サイズ・カラー】HFDU-M-BU:Mサイズ(対応身長150~165cm)・ブルー
HFDU-L-BU:Lサイズ(対応身長165~175cm)・ブルー
【価格】オープン価格(税別参考 M/L:6,000円)