1UP情報局【ワンナップ】秋葉原&エンタメ情報

秋葉原&エンタメ情報をはじめとした旬なニュースを配信

【開店】超濃厚なゴマペーストと辛さが絶品の坦々麺! 本格四川料理「覇王」12月13日オープン

LINEで送る

辛さと痺れの黒の覇王・坦々麺

辛さと痺れの黒の覇王・坦々麺

IMG_7211
JR秋葉原から徒歩8分、JR神田駅から徒歩3分のところにある須田町交差点のすぐ脇に本格四川料理「覇王」が本日12月13日よりオープンした。

ここの料理長は四川料理界の雄『四川飯店』の料理長を経て、四川料理を研究し、オリジナルレシピで提供する。

代表するメニューは勿論、坦々麺と麻婆豆腐とのこと。

白の担々麺はビジュアルが味噌ラーメンのようだが、白ごまとナッツのペーストが表面にドッサリ乗った感じのクリーミーな担々麺だ。

白の担々麺はビジュアルが味噌ラーメンのようだが、白ごまとナッツのペーストが表面にドッサリ乗った感じのクリーミーな担々麺だ。

 

唐辛子の辛味と旨味の麻婆豆腐

唐辛子の辛味と旨味の麻婆豆腐

そこで辛いと案内のあった黒の覇王・坦々麺と覇王・麻婆豆腐を頂く。
まずは黒の覇王・坦々麺、オリジナルラー油を作る際に出るラー油かすや花山椒を使用してるため辛さと痺れはあるが、黒ゴマと濃厚なゴマペーストが味をマイルドに変えてくれる。このバランスが絶妙で美味い。スープをレンゲで何倍でも飲んでいたくなる。ランチではライスが付き、相性抜群だ。

記者はそこそこ辛いものが得意なので、もう1スパイスと、テーブルに置かれていた豆板醤をひとさじ投下。店の人は「そんなに入れるんですか」って言われたけど、普通だろう、と食べて見ると激辛坦々麺に変身、汗が止まらなくなり大変なことに。「少しずつ入れて馴染ませるんです」と店の方。

激辛・豆板醤

激辛・豆板醤

テーブルに置かれる豆板醤もラー油もこの店オリジナルのもので、普通の豆板醤と思ってたら大変なことになるので注意だ。

覇王・麻婆豆腐は通常メニューのランチで出す麻婆豆腐とは違い、ラー油を使用せず、唐辛子、花山椒をはじめとしたスパイスだけで辛さとしびれを出している本場四川の麻婆豆腐で夜だけのメニュー。辛いものが苦手な人は食べない方が良いとのこと。

この覇王麻婆豆腐は坦々麺に対し、痺れよりも唐辛子の辛味が効いていて更に旨味もあり、ご飯との相性はぴったりだったが、とにかく先ほど投下した豆板醤の辛さが強烈だったのか、この麻婆豆腐の唐辛子の辛さと相まって汗が止まらなくなった。

調味料の相性は、坦々麺にはラー油、麻婆豆腐には豆板醤だそうだ。どちらもお試しあれ。

辛さを鎮めてくれた杏仁プリン

辛さを鎮めてくれた杏仁プリン

この辛さを鎮めてくれたのはトロトロの自家製杏仁プリンだった。杏仁豆腐とプリンの中間的な柔らかさと味で、杏の味がしてほんのり甘い。酸味の効いたブルーベリーの相性も抜群だった。
※ランチタイムに付く杏仁プリンにはブルーベリーは付きません。

ランチタイムには、坦々麺または麻婆豆腐セットでサラダ、ライス杏仁プリンがついて何と980円!
夜は肉料理や一品料理も豊富でお酒と一緒に楽しめるようになっている。

ビールのお供によだれ鶏

ビールのお供によだれ鶏

 

薄い衣でプリップリの唐揚げ

薄い衣でプリップリの唐揚げ

 

haou

覇王 神田本店 (ハオウ)
東京都千代田区神田須田町1-26 ラシーヌ神田 B1F
TEL:03-6260-9443
東京メトロ銀座線 神田駅より徒歩1分
JR 中央線、山手線 神田駅より徒歩3分

●編集部オススメ

・【グルメ】秋葉原が本店、ラム肉「しゃぶしゃぶ 焼肉食べ放題」の『めり乃』が「しびれ鍋」の提供を秋冬限定で開始

・【開店】秋葉原にラー油の効いた出汁で食べる肉そば『陸人』が9月11日にオープン

この記事が気に入ったらフォローしよう