1UP情報局【ワンナップ】秋葉原&アキバ系ニュース・エンタメ情報

秋葉原&アキバ系のエンタメ情報をはじめとした旬なニュースを配信

Key原作『planetarian』2016年アニメ化決定! 4月15日秋葉原で参加費無料の「制作発表会」開催へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

Key原作のPCゲーム『planetarian~ちいさなほしのゆめ~』が、2016年アニメ化が決定した。アニメーション制作は『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズのdavid production

『AIR』『CLANNAD』『Angel Beats!』など数多くの“泣ける”名作を世に送り続けているKey。『planetarian~ちいさなほしのゆめ~』は、発売から10年以上経った現在も様々なプラットフォームへ移植されており、2014年リリースされた海外ゲームサイトsteamでは満足度98%と圧倒的支持を得ている。

アニメ化決定に際し、4月15日(金)に秋葉原ラジオ会館にて製作発表会が行われる。ビジュアルアーツの方やスペシャルゲストが登壇する予定で、参加費は無料。参加はイベント特設ページより申し込みとなる。

planetarian1

planetarian2

planetarian3

<STORY>
封印都市の忘れ去られた【プラネタリウム】。
そこに迷い込んだ男が出会った【ロボットの少女】、星に導かれた【奇跡の物語】
世界大戦後の世界。人々から見捨てられた街【封印都市】のデパートのプラネタリウムに、ロボットの少女がいた。彼女の名前は“ほしのゆめみ”。彼女はプラネタリウムの解説員で、1年間にたった7日間しか稼働することができない壊れかけのロボットだった。そこで彼女は、30年間いつか誰かが訪れることを信じで、1人誰もいないこの世界で待ち続けた。そして、30年目の目覚めたその日に、彼女の前に一人の男が現れた。彼は都市を徘徊する戦闘機械【メンシェン・イェガー】の襲撃にあい、このプラネタリウムに迷い込んだのだった。
「プラネタリウムはいかがでしょう。 どんな時も決して消えることのない、美しい無窮のきらめき……。 満天の星々がみなさまをお待ちしています」
大戦の影響で、星すら見えなくなった、滅びゆくこの世界で、起こった奇跡とは・・・

<STAFF>
■原作:「planetarian ~ちいさなほしのゆめ~」(VisualArt’s / Key)
■アニメーション制作:david production
■アニメ公式サイト:planetarian-project.com
■公式twitter:@planetarian_pj
■関連サイト
VisualArt’s / Key公式サイト:http://key.visualarts.gr.jp/
david production 公式サイト:http://davidproduction.jp/
アスミック・エース 公式サイト:http://www.asmik-ace.co.jp/

イベント概要

planetarian project製作発表会
■日時:4月15日 開始18:30~ 開場18:00~
■場所:秋葉原ラジオ会館イベントスペース10F
■登壇者:丘野塔也(Visual Art’s)、池田憲彦(Visual Art’s)、青井宏之(アスミック・エース)、他スペシャルゲストを予定
■MC:白石稔
■内容:本作品のプロジェクト発表会となります。制作スタッフや作曲者、アーティストの発表、新規映像の初公開等を予定しております。
■参加費:無料
■参加方法:イベント特設ページより申込みとなります。
イベントページ:http://planetarian-event.peatix.com
■備考:ニコニコ生放送による同時中継がございます。

(c)VisualArt’s/Key/planetarian project
(c)VisualArt’s/Key