1UP情報局【ワンナップ】秋葉原&アキバ系ニュース・エンタメ情報

秋葉原&アキバ系のエンタメ情報をはじめとした旬なニュースを配信

【コスプレ】人気レイヤー五木あきら「ストフェス2018」登場でカメラマン約150人殺到

LINEで送る

3月18日(日)大阪のオタクスポット・日本橋が総力をあげて企画するサブカルの祭典「日本橋ストリートフェスタ2018」が開催された。

Twitterフォロワー26万人を誇る人気コスプレイヤー五木あきらさん

Twitterフォロワー26万人を誇る人気コスプレイヤー五木あきらさん

昨年25万人を集めた「ストフェス」は今年で開催14回目を迎える大阪を代表するコスプレイベントでもある。イベントが開始されると繁華街の大半が歩行者天国になり、店舗の軒先や路地などがコスプレ撮影スポットとして解放。エリアには多くのコスプレイヤー、カメラマンが集まり、イベント中盤にはまるで満員電車のような混雑状態になっていた。

交差点のど真ん中で撮影が開始

交差点のど真ん中で撮影が開始

中でもこの日最大級の囲み撮影になっていたのは、人気コスプレイヤー五木あきらさん。TV出演や、ゲームの公式コスプレイヤーなど、昨年以上に活躍を見せる今年、彼女を一目見ようとカメラマンが殺到していた。この日は『モンスターハンター』キリン装備・女の衣装。あっという間に360°カメラマンが囲む「方円の陣」が組まれ、撮影が開始された。DSC_8865

一人一人に目線を向ける五木さん

一人一人に笑顔で目線を向ける五木さん

撮影が開始されると、カメラマン一人ひとりに対して順番に目線を向け、ポージングしていく五木さん。集まったカメラマンはおよそ150名。撮影する側もマナーよく、定期的に入れ替わりながら、前列カメラマンはしゃがみ、中列カメラマンは立ち、後列カメラマンはそのさらに上や隙間からという「天地人」の撮影陣形で大きな混乱もなく撮影は進んでいった。

●編集部オススメ

・「ストフェス2018」でひと味もふた味も違った26人の猛者

・人気コスプレイヤー「五木あきら」一目見ようと電気街にファン大挙