1UP情報局【ワンナップ】秋葉原&アキバ系ニュース・エンタメ情報

秋葉原&アキバ系のエンタメ情報をはじめとした旬なニュースを配信

【イベント】『はじめてのギャル』ミュージアムが熱過ぎる…「パンツギャラリー」「声優さんの使用済みリコーダー」に記者悶絶

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

9月26日(火)、東京・秋葉原にある「とらのあな秋葉原B店」でTVアニメ『はじめてのギャル』のミュージアム企画が開始された。

DSC_7016同展示会は、『はじめてのギャル』のBlu-ray&DVD発売を記念してのもので、放映されたTVアニメの名シーンがわかるという素晴らしく豪華な内容になっている。展示のほか、物販スペースも豪華で、見応え十分だ。ちなみに本ミュージアムの開催期間は9月26日〜10月9日(月・祝)まで。入場は無料になっている

声優さんの「使用済み」リコーダーが展示!!

DSC_7070DSC_7016DSC_7064

会場内に入ると、2本のリコーダーの展示が目に入った。「声優さんが収録で使用したもの」とのこと。ヒロイン・ゆかな役を演じた声優・長久友紀さんが吹いた笛なのかなと一瞬思ったが、それはコンマ1秒で違うとわかった。

あ、リコーダー。声優さんが使ったアイテムなのかな…!?

あ、リコーダー。声優さんが使ったアイテムなのかな…!? な、舐めてもいいの…!?

ああ、そういうこと…。(稔さん熱演お疲れさまです!!)

あ、そういうこと…。(白石稔さん演奏お疲れさまです!!)

注釈

第6話「はじめての八女さん家」は、ゆかなの家で王様ゲームを行うという内容。この回で主人公・ジュンイチの悪友である小早川稔(ロリコン設定の太っちょキャラ、声:白石稔)は常に「どこかで入手した」リコーダーを持っている。その音色、実は声優の白石稔さんが担当していたというわけだ。DSC_7062

【次ページ】来場者を喜ばせる「パンツギャラリー」の全貌

 

1 / 212