1UP情報局【ワンナップ】秋葉原&エンタメ情報

秋葉原&エンタメ情報をはじめとした旬なニュースを配信

【雑誌の日】大原優乃、2018年最も多くの表紙を飾って『カバーガール大賞』に!齋藤飛鳥・浅川梨奈は部門賞連覇!!

LINEで送る

main

カバーガール大賞実行委員会(一般社団法人日本雑誌協会、株式会社富士山マガジンサービス、マガジンサミット)は、 3月4日『雑誌の日』を記念して『第5回カバーガール大賞』を発表した。

『カバーガール大賞』とは、2018年(1月~12月まで)に発売され、オンライン書店Fujisan.co.jpで取扱いのある雑誌・フリーペーパー・電子雑誌等を中心に約10,000誌を調査し、表紙を飾った回数の多かった女性を選定して第5回カバーガール大賞受賞者として表彰するもの。

大賞の他にエンタメ・コミック・グラビア・ファッションの各部門賞受賞者と、10代・20代・30代でトップを飾った女性の他に、2018年に読者やファン、メディアにニュースを届けてくれたカバーガールを讃えて、カバーガール大賞実行委員が選ぶ『話題賞』も決定した。

2018年、 最も雑誌の表紙を飾ったのは大原優乃

ohara

大賞およびグラビア部門、10代部門を制したのは、2016年までDream5としてNHK紅白歌合戦や日本レコード大賞に出場し、活動終了後、一昨年よりグラビアデビューしたばかりの大原優乃。
持ち前のFカップのたわわボディを武器にグラビアデビュー作『週刊プレイボーイ』(集英社)から『FRIDAY』(講談社)や『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)『週刊アスキー』(KADOKAWA)などの表紙を飾った。
2018年にはドラマデビューし、現在放送中のドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』では、オペラを披露し「うますぎる」とネットで話題に。2019年も数々の映画出演が決まっている大原から目が離せない!

アイドルの頂点は、 エンタメ部門2連覇の齋藤飛鳥

saito

エンタメ部門で1位に輝いたのは、第4回に続き齋藤飛鳥。
昨年総合順位8位から3位と躍進。乃木坂46の新エースとして、CMはもちろん、昨年公開された『あの頃、 君を追いかけた』ではヒロイン役、放送中のドラマ『ザンビ』(日本テレビ系)では主演を務め、ファッション誌『sweet』(宝島社)ではレギュラーモデルとして大活躍中の齋藤がエンタメ部門受賞となった。

コミック部門は、 3連覇の浅川梨奈

asagawa

コミック雑誌部門は、浅川梨奈が3連覇。
今年の1月に、アイドルグループ・SUPER☆GiRLSを卒業したが、1000年に1度の童顔巨乳の名も衰えず『週刊ヤングマガジン』(講談社)、『ヤングガンガン』(スクウェア・エニックス)など数々の表紙を飾り、今年公開の映画は5本を超え(2本は主演)、ドラマも既に2本出演しており、女優としても大活躍の浅川がコミック部門受賞となった。

『第5回カバーガール大賞』 受賞者

【大賞】大原優乃

【エンタメ部門】齋藤飛鳥(乃木坂46)
【コミック雑誌部門】浅川梨奈
【ファッション部門】井川遥
【グラビア部門】大原優乃

【話題賞】ELLE JAPON/ Kōki(7月号)

【10代部門】大原優乃
【20代部門】吉岡里帆
【30代部門】石原さとみ

【トップ10】
1位 大原優乃
2位 浅川梨奈
3位 齋藤飛鳥(乃木坂46)
4位 小倉優香
4位 吉岡里帆
6位 与田祐希(乃木坂46)
6位 石原さとみ
8位 西野七瀬
9位 綾瀬はるか
9位 白石麻衣(乃木坂46)
9位 広瀬すず

※複数人で撮影された表紙についても、個人の登場回数に含み集計

各受賞者のコメントはこちらから
第5回カバーガール大賞 特設サイト:http://magazinesummit.jp/covergirl
カバーガールTV:https://covergirl-tv.jp

 

トピックス

大原優乃が『週マガ』表紙に! 弾ける水着グラビアなど、夢いっぱいの16ページ

●編集部オススメ

・『LINE BLOG OF THE YEAR 2018』優秀賞に伊織もえ、大原優乃ら4名、グランプリには最上もが、竹内涼真が受賞

・【ゲーム】大原優乃さん秋葉原で『ガンダムヒーローズ』体験し大興奮

この記事が気に入ったらフォローしよう