1UP情報局【ワンナップ】秋葉原&アキバ系ニュース・エンタメ情報

秋葉原&アキバ系のエンタメ情報をはじめとした旬なニュースを配信

【第58回 ホビーショー】東京タワーからガンプラまで、国産プラモ60周年記念展示を紹介

LINEで送る

IMG_8310「第58回 全日本模型ホビーショー」が9月29日(土)・30日(日)と東京ビッグサイト東7・8ホールにて開催されている。

今回の出展企業は過去最大規模の84社、プラモデル、ラジコン、フィギュア、鉄道模型、ガン、トイホビー、ボードゲーム、など幅広いホビー製品が会場に勢揃いした。

今年は国産プラモデル誕生60周年の記念すべき年となり、特別イベントとして「国産プラモデル誕生60周年記念展示」を開催されており、1UP情報局では開催前日の会場に潜入。この記念ブースを取材した。

まず最初に展示されていたのは日本最初のプラモデル「SSN-571 原子力潜水艦 ノーチラス 1/300スケール」の当時の金型だ。同金型で60周年記念モデルが再発売、そのプラモデルも展示されていた。

日本最初のプラモデルの再販品

日本最初のプラモデルの再販品

日本最初のプラモの金型

日本最初のプラモの金型

年を追って60年間のプラモデルの箱が並べられており、その箱絵からは各時代とブームが反映されており、東京タワープラモから1964年の東京オリンピックで建立された1/2000スケールの「国立競技場」のプラモ。70年代のスーパーカーブームを象徴するカウンタックや、水辺で遊べる「戦艦大和」、そしてガンプラまで勢ぞろいした。以下、写真で紹介していく。

東京タワープラモ。その上にはオランダの風車のプラモも見える。

東京タワープラモ。その上にはオランダの風車のプラモも見える。

 

1964年の五輪で建てられた国立競技場のプラモ

1964年の五輪で建てられた国立競技場のプラモ

 

▶︎次ページはスーパーカー、戦艦、ガンプラほか

1 / 212

●編集部オススメ

・2017年のレポート【ホビーショー】第二次大戦の戦闘機と戦車にタミヤに模型のこだわりを聞いてみた

・2017年のレポート【第57回ホビーショー速報】黒ハイソ、透けYシャツ、ピンクのショーツにドキッ!! 『セイレン』 常木耀フィギュアなど一挙お披露目<アオシマ>