1UP情報局【ワンナップ】秋葉原&アキバ系ニュース・エンタメ情報

秋葉原&アキバ系のエンタメ情報をはじめとした旬なニュースを配信

【コスプレ】えなこさん、五木あきらさんらコスプレイヤー総出演の雑誌『ELFy』創刊! amazon売れ筋ランキング1位に

LINEで送る

9月29日(金)、コスプレイヤーをテーマにした新雑誌『ELFy』(エルフィ)がDMM.comグループの出版社ジーオーティーから発行される。vol.1となる今号は、えなこさん、五木あきらさんら人気コスプレイヤー、モデルがグラビア企画で登場する。

表紙には屈指の人気コスプレイヤー・えなこさん

表紙には屈指の人気コスプレイヤー・えなこさん

『ELFy』は、雑誌『DMM』増刊という扱いで創刊された人気コスプレイヤー総出演のファッションマガジン。国内で活躍するコスプレイヤーをモデルに起用し、「かわいくなる」をテーマにファッションやメイク、インタビュー企画など合計96ページでまとめている。秋葉原周辺では有隣堂ヨドバシAKIBA店や書泉ブックタワー等で取り扱う。

本誌は「COS BOOK」という副題がついているが、通常のキャラクターコスプレではなく、「ネコ」「ウサギ」「天使と悪魔」などをテーマに、オシャレでキュートな着合わせを撮り下し写真で掲載している。

ページによってはまるで写真集のような美麗な写真が並び、一方でアイメイクレクチャーページでは、人気コスプレイヤーさんのメイク方法なども披露。一冊読めば「カワイイはこう作られるのか!!」と感じる内容になっているのだ。名称未設定-2

過去コスプレ雑誌はみな苦戦…

誌面に登場するモデルは、えなこさん、五木あきらさん、火将ロシエルさん、山吹りょうさん、緑川百々子さん、近衛りこさん、月乃ルナさん、イチジョウリヲ。さん、橋本ニモさん、福田もか。さん、涼本奈緒さんの11人。いずれもコスプレ界では高い人気を誇る豪華メンバーだ。

コスプレイヤーから高い人気を誇る「COSPLAY MODE」

コスプレイヤーから高い人気を誇る「COSPLAY MODE」

しかし、コスプレをテーマにした雑誌はなかなか存続が難しいのが過去の潮流でもある。定期刊行物としては隔月発刊の『コスプレイモード』が孤軍奮闘状態で、そのほか『コスプレMAKE&STYLE』が不定期刊行。

2015年創刊の『コスプレチャンネル』は発行翌年に休刊。その他、メイクや衣装制作、撮影方法などのムック本がたまに発刊されている程度だ。一昔前はコスプレイヤー、カメラマンの大半が利用していたコスプレSNSも一時の勢いはなく、いまはTwitterでの交流・発信が主流。コスプレ情報を得る手段は次々移り変わっていった。

過去出版物と比べると、『ELFy』はファッション誌のジャンルという位置づけで一線を画す。発刊前日の9月28日(木)に、amazonの「女性ファッション・ライフスタイルの雑誌」売れ筋ランキングを見ると、『Oggi』『anan』『otona MUSE』など名だたるファッション誌を抑えて1位にランキングされている。これは『ELFy』の予約が殺到していることを表しており、amazonではすでに完売状態。創刊前から反響が大きいのだ。

発売日前の雑誌は「予約数」が実売数としてカウントされるamazonの売上ランキング

発刊前の雑誌は「予約数」がカウントされるamazonの売れ筋ランキング

『ELFy』編集担当者は「あえてキャラクターコスプレを出さずに、ファッション雑誌的視点でコスチュームの楽しみを追い求めていきたい」と話す。たしかに人気レイヤーさんたちの非キャラものの衣装や、私服、メイクは「原宿系」とも「アキバ系」とも例えられない独特の可愛さがある。

そこをメインテーマにした雑誌は過去にはなく、出演モデルのファンも、彼女たちに憧れる女の子たちも気になるところだろう。今後、コスプレ界、さらにはレイヤーさんたちの後押しになる雑誌を目指して今後も発刊を続けていく。

 

●編集部オススメ

【コスプレ】伊織もえさんモデル起用の「ラビットランジェリー」 120万円の支援金集まる

【コスプレ】神衣装「フロントジッパー水着」のチャックを上げ下げする動画が話題

【コスプレ】体操服やスパッツがテーマ!「体育の秋」「ハロウィン」両方を記念したイベント開催

 

関連情報

『ELFy』公式Twitter