1UP情報局【ワンナップ】秋葉原&アキバ系ニュース・エンタメ情報

秋葉原&エンタメ情報をはじめとした旬なニュースを配信

【アニメ】2018冬注目作『刻刻』先行上映会が秋葉原で開催 声優・安済知佳さんや人気ボーカル・ぼくりりさんが登場

LINEで送る

12月20日(水)、東京・秋葉原「秋葉原UDXシアター」で、来年1月7日から放送が開始となるTVアニメ『刻刻』(こっこく)の先行上映会が開催された。当日は、声優の安済知佳さん、瀬戸麻沙美さん、山路和弘さん、そして本作監督の橋誉志光さんが登壇した。

まずは第1話を振り返ってのトークがキャスト陣と大橋監督により展開された。

本作を視聴する際、原作を読んでから観るか、アニメを観てから読むのどちらが良いかを安済が大橋監督に尋ねると、「どちらでも楽しめます。僕も原作はもちろん読みましたが、アニメは作りながらも楽しんでいる」と、頼もしい言葉が返ってきた。つづけて「ただ、読み始めると止まらない」と発したコメントに対して安済が反応し「オンエアされたところだけ読んでみよう、ということができない作品だと思います」と語る。

フォトセッション一方で、瀬戸はアフレコをしながら徐々に原作を読み進めていったタイプだという。そんな瀬戸もクライマックスとなる原作第6巻からは止まらなかったようで、その中毒性はアフレコ現場でも話題になっていたようだ。全8巻のうち、第7巻まででストップしていたと語るのは山路。それは原作の最終巻が品切れで購入できなかったためだという。こうしたエピソードからも、本作が毎回が気になるストーリーテリングをしているという上手さがうかがえる。

「時が止まった世界」には「効果音」がない

瀬戸は第1話では未登場ゆえに客観的な目線で視聴し、その後の話数に登場しているのにもかかわらず、思わず「ああ~面白かった。2話も楽しみだな~」と夢中になったようすを話す。彼女が注目したのは“音”。その作中の“音”の演出について大橋監督は説明をする。一般的なアニメであれば映像に合わせた効果音を付けて、臨場感を高める音響演出がなされるが、本作の場合は時が止まった世界(止界)で展開されるため、そうした演出が封じられる。ただ、そのままだと寂しいフィルムになるため、音響監督と相談した大橋監督はアンビエントな音楽を作ることで“圧迫感”を表現し、それによって視聴者には独特の空気感を与えたという。

logo“圧迫感”は作品作りのキーワードになっており、背景には抜けるような青空はなく、常に遮蔽物があるように描かれている。そこから解放されるタイミング、つまり終盤の展開は作品の大きな見どころになると監督は力強く述べた。また、「音のない世界」は演じ方にも影響を与えた。瀬戸によると、自然音がするなかでの距離感で声をかけるのと、音のない世界でそれをするのとでは届き方が違うため、それを想像した上での芝居になっているそうだ。そのあたりも注目して作品を視聴するとよりリアルな見え方で楽しむことができるだろう。

エンディング歌うぼくりりさんが登場!

ここで、エンディングテーマ『朝焼けと熱帯魚』を歌う、ぼくのりりっくのぼうよみ(以下、ぼくりり)さんがゲストとして登場。もともとは彼の3rdアルバム『Fruits Decaying』に向けて作っていた曲を大橋監督が採用したという。「作品は人が死んだりと重たい話でもあるので、エンディングは気持ちが明るくなる曲」というオーダーに最もフィットしたのがこの曲だったという。

「彼の声も楽曲も、歌詞の内容もセンチメンタルで良い」と大橋監督からは曲の良さが口をついて出る。安済も「MIYAVIさんとKenKenさんの主題歌『Flashback』は『刻刻』の世界観がすごく伝わりやすい楽曲でしたが、エンディングではいきなり爽やかな曲に変わり、そのギャップが面白かった」と語る。この『朝焼けと熱帯魚』は第2弾のティザームービーにも使われており、流れ始めるタイミングの樹里がジャンプするカットは何度もチャレンジしたこだわりの芝居だという。

「それにすごく爽やかな曲がついたので、個人的な喜びがあって。話数が進むにつれて気持ちが沈んだり考えさせられるものがあると思うのですが、それを優しく眠りへと誘ってくれるエンディングになるのではと思います」(安済)と語る。ぼくりりは「主題歌とエンディングで役割が違っていて、アニメの世界から現実に移行する意味で息が抜ける曲になればいいなと思います」と話した。

さらに人気アーティストMIYAVIさんも…!

さらに主題歌『Flashback』を歌うMIYAVIさんから会場に向けてビデオレターが届いた。

「作品が進むに連れて広がっていく壮大かつ、人類としての普遍的なメッセージにインスパイアされて楽曲を作らせてもらいました。どうあがいても時間は前に進んでいく。そのやるせなさやせつなさ、時に残虐なまでの暴力性を表現しました。今回はベーシストのKenKenをフィーチャリングアーティストとして迎え、彼のベースとの掛け合いもスリリングな仕上がりで楽しみにして貰えばと思います」と、コメントを寄せたのに対し、大橋監督からは意外な裏話が飛び出した。もともとMIYAVIには戦闘シーンで挿入する曲を発注していたという。

その仕上がりは当初のリズム感のあるもので、さらにボリューム感があるものだったのでオープニングに推薦したという。

【次ページ】「もしも時間が1日止まるなら、何したい?」の質問に……!!

1 / 212