1UP情報局【ワンナップ】秋葉原&アキバ系ニュース・エンタメ情報

秋葉原&アキバ系のエンタメ情報をはじめとした旬なニュースを配信

【アキバの熱を感じる】路地裏の名店「陳家私菜」の超旨辛な「頂天石焼 麻婆豆腐」

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

秋葉原には「辛くて」「美味い」人気店が多い。寒さが一段と厳しくなるこの時期、年間数百軒にも及ぶアキバの店を巡る1UP情報局記者が、「ガチで推薦できる」3つのお店を紹介する

1UP編集長が「最強」と感じる麻婆豆腐

dsc_2698

ということでこの12月、『りっく☆じあ〜す』悪役である「マグマ軍」侵攻の情報を調べるため秋葉原の激辛料理を求めて街に出た1UP情報局記者陣。編集長が推薦するのは、秋葉原駅昭和通り口から徒歩2分の場所にある中華料理店「陳家私菜」だ。ヒルトンホテル出身の特級料理人・陳さんが良心的な価格で最高の中華を提供してくれる隠れた名店。中国大使館指定の店としても利用されていて、国内外の人々に人気があるスポットである。

 

 

 

 

 

【AD】声優・高田憂希さんサイン色紙などが当たる『りっく☆じあ〜す』プレゼントキャンペーン実施中!(リンク先最下部をチェック)

 

名物は「頂天石焼麻婆豆腐」(800円)。料理に使われる数十種類の香辛料はすべて陳さん自ら四川現地におもむき、目利きで一級品を調達したものだ。四川料理に伝承された調理法によって、ただ辛いだけではなく、美味しく、美容と健康にもいい料理を追求している。

編集長「頂天石焼麻婆豆腐を一つお願いします」
陳さん「辛さはどうします? 4段階から選べますよ」
編集長「最近寒いし、一番辛いのにしようかな」
陳さん「あ……本当にいいんですか? (厨房に向かって)じゃ、『ジゴクカラ』お願いします!」
編集長「……!? ジゴクカラ!?」

そんな時、あることに気がつく。

「……じ、地獄辛メニュー…!!」──

なんなのだあのポスター。まるで挑戦状。クリアしたらメンバー全員(1師団全員)に杏仁豆腐をプレゼントするというのではないか。つまりこれを耐えられた者は、晴れてマグマ軍の友軍として迎え入れられるという意味に他ならない。

▲「マグマ軍」は日本侵略を企む悪い奴らだ!(「りっく☆じあ〜す」)

▲「マグマ軍」は日本侵略を企む悪い奴らだ!(「りっく☆じあ〜す」より)

dsc_2540

dsc_2738陳さん「『中辛』は普通の5倍、『激辛』は普通の15倍、『地獄辛』は普通の40倍辛さがアップ(ニッコリ)。完食してってくださいね」

地獄辛……とうとう見つけたぞ、マグマ軍本拠地に繋がる道…!!そう、マグマといったら赤。そして地獄をイメージさせる。「地獄から」こそ、「マグマ軍本拠地から」の料理に他ならないのである。そうなれば、厨房だ。ここに地下に繋がる階段があるはずだ。編集長はカメラを片手に厨房に押し入った。

陳さん「あ、そこははいっちゃだめ!危険だよ」dsc_2552

厨房に入ると、コックさんがジュウジュウ煙をあげる鉄鍋を熱していた。たしかに危険である。麻婆豆腐の主役である豆腐は、いい香りのするスープで温められている。「お豆腐にも旨味を入れるため、鶏ガラや金華ハム等12種の具材が入った『親鶏スープ』で2時間煮込んでから調理しています」と陳さん。

続いて目に入ったのは、豆板醤やラー油といった調味料。「豆板醤は四川料理の“四川之魂”と呼ばれる色の濃い郭県豆板醤を使用。普通日本で使われている豆板醤は3年ものですが、当店では6年ものを使用しています。個人の工房が手間暇かけて手作りした、甘みと旨味が強く、辛さのあとにまろやかな味わいが広がる豆板醤です」と陳さん。これは美味しそうだ。一つの麻婆豆腐にここまでのこだわりがあるとは驚かされる。dsc_2565dsc_2554dsc_2612
はい……おまちどぉさま……
陳さんが「頂天石焼麻婆豆腐」を持ってきた。鍋の中では麻婆がグツグツ煮えたぎっている。そして香辛料やお肉から食欲を誘う香りが漂ってきた。アツアツを頂くのがこの料理の楽しみとあり、レンゲで豆腐を崩したら一気にかき込む。口一杯に旨味が広がったその瞬間、鋭い辛さが舌先を襲う。とてつもなく辛い。しかし美味い。ご飯を片手にどんどんと手が進む。モウモウとする湯気のせいか、目にくる。汗が吹き出す。完食すれば「濃厚杏仁豆腐」が待っている。その瞬間を目指して、編集長は一心不乱に豆腐を口に運んだ。dsc_2707dsc_2728

すべてを食べ切った瞬間、編集長は意識を失った。気がつくとすぐちかくにある「ヨドバシakiba」の1Fスイーツ通りを徘徊し、リア充なカップルを遠い目で眺めていた。「陳さんの優しさを感じるとマグマ軍の手先である可能性はゼロ……ここもマグマ軍とは関係なく、激辛、激ウマの名店であります……」と編集長は言葉を残し殉職した。

編集長のオススメ!「陳家私菜」

「頂天石焼麻婆豆腐」(地獄辛)

辛さ★★★★★★
痺れ★★★
熱さ★★★★★★

mabo1
【解説】1995年、陳さんが最初に開店した赤坂の1号店「湧の台所」創業時からの名物料理。日本人に好まれる中華料理の代表格として、 麻婆豆腐を看板メニューに。年数回、四川省に戻り材料を調達。現地の人にも認められる「本物の味」に仕上がっている。豆腐を一丁そのまま、スープで煮込むことによって旨味が増していて、麻婆と絡んでも存在感が薄れない。辛さと旨味が凝縮された一杯だ。

店舗情報

陳家私菜(チンカシサイ) 秋葉原店
■住所:東京都千代田区神田和泉町1-1-12 ミツバビルB1
■営業:11時30分~15時(L.O.14時30分)、17時30分〜23時30分(L.O. 22時45分)※土祝は〜21時30分(L.O.21時)
■定休:日曜日、年末年始
■HP:http://www.chin-z.com

【シリーズ記事】

【りっく☆じあ〜すpresents】編集部記者が推薦する「激辛料理店」を大調査!!

【アキバの熱を感じる】「雲林坊」名物・激辛担担麺の痺れる辛さに体はポカポカ!

【アキバの熱を感じる】タコス店「ブレイズ」の激辛ハラペーニョと「デスソース」の破壊力

【アキバの熱を感じる】路地裏の名店「陳家私菜」の超旨辛な「頂天石焼 麻婆豆腐」

大人気戦略シミュレーションゲーム『りっく☆じあ〜す』とは!?

昨今の“美少女擬人化モノ”に一手を投じたシミュレーションゲーム『りっく☆じあ~す』。プレイヤーは司令官となり、擬人化した陸上自衛隊の装備や駐屯地・分屯地“陸自娘(りくむす)”と共に、人類制圧を目論む“マグマ軍”と交戦する。PCブラウザ・Android両対応。sys_art01-1

他司令官と連携せよ! 新機能「共闘」が熱い!!

本土奪還を試みる陸上自衛隊に対して、マグマ軍に新たな動きが! 超巨大な新型兵器「遊撃要塞」に立ち向かうには司令官たちの連携が必要となる。各員“共闘”し、マグマ軍の侵攻を阻止せよ!

■索敵
遊撃要塞は神出鬼没。通常出撃時、敵の拠点に「触手」が出現すればチャンス! その状態で戦闘に勝利すると遊撃要塞が現れるかも……!?
■編成
共闘には「選抜部隊」を出動させよう! 遊撃要塞には効果がないが、取り巻きのマグマ軍には「職種」というスキルが適用される。
■攻撃
全体攻撃を行う遊撃要塞は超凶悪。ただし、敗北してもダメージは引き継がれるため、再挑戦も視野に入れ、他の司令官と協力すべし!
■報酬
遊撃要塞を撃破すると、「特殊装備製造」に必要な特殊資材を入手できる。強力な能力をもつ「キメラ装備」の製造にチャレンジしよう。

logo_rickgearthタイトル:りっく☆じあ~す(PCブラウザ・Android両対応)

ジャンル:育成型戦略シミュレーションゲーム

価格:基本無料(一部ゲーム内課金あり)

 

 

【AD】声優・高田憂希さんサイン色紙などが当たる『りっく☆じあ〜す』プレゼントキャンペーン実施中!(リンク先最下部をチェック)