1UP情報局【ワンナップ】秋葉原&アキバ系ニュース・エンタメ情報

秋葉原&アキバ系のエンタメ情報をはじめとした旬なニュースを配信

【コラム】映画、グラビア、DVD作品……各メディアで「コスプレイヤー」が大抜擢される理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

先日、コスプレイヤーの御伽ねこむさんが、「週刊ヤングジャンプ」のグラビアを飾り大きな話題になった。また、こちらも人気コスプレイヤー・七瀬さくらさんが、7月末にスパイスビジュアルからイメージDVDをリリースするなど、近年はコスプレイヤーが、大きいメディアに進出するケースが目立っている。

「素材の良さ」「既存ファン」がポイント

6月28日には、火将ロシエルさん、桃色れくさん、Usagiさんらコスプレイヤーがメインキャストを務める映画作品「転生遮那巫女伝」が公開予定。演技経験が少ないコスプレイヤーさんをキャストに抜擢した作品とあり注目されている。前出の御伽ねこむさんは今年4月からホリプロ所属となり本格的に芸能活動を進めていくようだ。

昨今、このようにコスプレイヤーの名前がメディアに掲載されることが目立っている。コスプレイヤーは、メディア、芸能界からみるとどんな存在なのか。男性向けの某週刊誌グラビア担当はこう話す。

「芸能界から見れば全く無名ですが、すごく可愛い子が潜在している、というイメージがあるのがコスプレ界。写真に撮られなれているし、ポージングも、衣装の着こなしもできる。素材がいいんです。そもそもTwitterで独自に数万人規模のフォロワーを抱えているのも大きい。いまはグラビアアイドルでも1000フォロワーいくのがやっとという子も多いですよ。今後もメディアでの露出が増えると思います」(某雑誌編集者)

▲ROMイベントだけではなく通常のコスプレイベントでもお見かけする七瀬さくらさんは、7月に本格DVDを全国発売(スパイスビジュアルHPより)

▲ROMイベントだけではなく通常のコスプレイベントでもお見かけする七瀬さくらさんは、6月26日本格DVDを全国発売(スパイスビジュアルHPより)

▲映画作品「転生遮那巫女伝」は6/28、TOHOシネマズ六本木ヒルズで舞台挨拶を行う

▲映画作品「転生遮那巫女伝」は6/28、TOHOシネマズ六本木ヒルズで舞台挨拶を行う(公式サイトより引用)

より注目されやすい環境に

2~3万規模のフォロワーを抱えているコスプレイヤーは多く、写真や情報を1回ツイートするだけであっという間に数百リツイートと拡散されていく流れは、メディアにとっても貴重なようだ。「カメラマン目線」でコスプレ系ニュースを報道する「アサガヲblog」編集長ごっづ氏もコスプレイヤーが発信する機会が増えた、とコスプレ界のこの10年を振り返る。

「自分が見ている『コスプレ界』はどちらかといえばカメラマン(ファン)目線なので、追えていない部分もあることを先にお断りしておきますが、この10年でコスプレ表現が多様化したのは事実ですね。ROM写真集即売会などは、各地で定期的に開催されるようになりどこも盛況。アイドルの握手会のような光景が広がっています。出展するサークルも増え、その分多くのカメラマン、ファン、関係者、メディアが関与する、大きな世界に変わったと思います」(ごっづ氏)と語る。

アマチュアでありながら、もはやプロのアイドルのような活動を行っている。それがいまの一部のコスプレイヤーのリアルな姿だ。もちろん、コスプレ文化の原点である、好きなキャラクターの自作コスチュームを着用し交流する、というコスプレイヤーがいまだ業界の大半を占めているということもここで説明しておきたい。

▲カメラマン(ファン)視点でコスプレ界のニュース、イベントレポを展開する「アサガヲblog」

▲カメラマン(ファン)視点でコスプレ界のニュース、イベントレポを展開する「アサガヲblog」

まとめ系ニュースサイトが起点にも…

コスプレ界をとりまく報道も変わっていった。昨今、コミックマーケットやワンダーフェスティバルが開催されると、「こんな美女コスプレイヤーが人気」というまとめ系ニュースサイトの記事が多く配信され、Twitter上を席巻。それらの記事は少し過激な見出しが多いが、その日がコスプレイベントデビューというレイヤーでも、一躍「時の人」になれる可能性があるのだ。

前出のごっづ氏は「若手コスプレイヤーさんが爆発的に増えてきていて、コスプレネームを覚えるのが大変(笑) 一方、カメラマンも若い方が増えているので、私もジェネレーションギャップを感じていますよ」とも話してくれた。ちなみにごっづさんが今後注目する作品のキャラを聞いたところ、「上半期はヘスティア様のコスプレが流行しましたが、下半期は人気が出るかどうかは別として、個人的に気になっているのはアルスラーン戦記のファランギース」と教えてくれた。着用するコスチュームによって、会場にいるカメラマンや、web上での注目度も変わってくる。コミックマーケット期間中にフォロワーを数千人規模で増やすレイヤーもいる。いずれにしても、今後もコスプレイヤーが注目される流れは続きそうだ。

取材協力

「アサガヲblog」 http://blog.livedoor.jp/asagawoblog/

※アサガヲblog開設8周年を記念した「第4回 アサガヲblog撮影会」が6月21日(日)、東京・高円寺「スタジオサンシャイン」で開催。現在参加カメラマンを募集中。登場モデル/倉坂くるる、A美、fleia、マロパピ(順不同、敬称略)。詳細はサイトにて。