1UP情報局【ワンナップ】秋葉原&アキバ系ニュース・エンタメ情報

秋葉原&アキバ系のエンタメ情報をはじめとした旬なニュースを配信

映画『GANTZ:O』の武器“Xガン”が実物大で登場! トリガーで銃が展開する映画本編の発射ギミックが搭載

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

3DCGで映画化した2016年10月14日(金)公開の『GANTZ:O(ガンツ オー)』。作中に登場する標準武装“Xガン”が、可動・発光・音声ギミックを搭載しメガハウスより1/1スケールモデルで立体化! 『MASTER PRODUCT GANTZ:O Xガン』は、映画公開に合わせて2016年10月14日(金)16時に予約開始される。価格は39,960円(税・送料込/手数料別途)。

img_113800_1

X型に展開する武装“Xガン”

死んだはずの人間達と謎の星人との壮絶な死闘を描いた奥浩哉氏による大ヒットSFアクションコミック『GANTZ』。映画『GANTZ:O』は、原作コミック『GANTZ』の中でも特に高い人気を誇る「大阪編」を完全映画化した作品。本商品は、登場人物達が謎の星人と戦うときに使用する武器“Xガン”を映画に登場するデザインで忠実に再現。原作者:奥浩哉氏が映画のためにデザインをリファインした“Xガン”が、1/1スケール(約250mm)のフォルムで立体化されている。

“Xガン”は、銃身は太い円筒形で、敵をロックオンするトリガーと光線を放つトリガーが2つ付いている。発射時には“Xガン”のネーミング通り“X”の形に展開。銃身後部はディスプレイになっており、射程圏内の敵をロックオンできる機能が搭載されている。

本商品では、LED発光・モーター可動・サウンドの3つのギミックにより、劇中の設定に沿ったアクションが再現可能。LEDは「GANTZ:O」の“Xガン”の特徴の1つである、銃口など銃身各所の発光を再現するためにLEDを30個以上搭載している。銃口や銃身のシリンダー部分が、電源を入れ起動することで映画と同様に青く光るのが特徴だ。そして、トリガーを引くことで発射時の銃身のXの展開が実現する。

起動時よりも多くのLEDの発光とともに作中同様のギミックを再現して楽しめる。さらに、起動時やトリガーを引いた時に再生される映画本編と同様のサウンドにも注目だ。また、『GANTZ:O』の設定を再現するために、3発発射すると弾切れ状態になり、LEDが赤い発光をして強制的にチャージモードに移行。チャージ時間中には発射できない設定まで再現している。背面ディスプレイパネルも発光し、付属ディスプレイシートを利用することにより、作品のリアルな射程圏内・射程圏外の2パターンを体感して楽しむ事ができる。

img_113800_3

img_113800_2

商品概要

MASTER PRODUCT GANTZ:O Xガン
■価格:39,960円(税・送料込)(手数料別途)
■対象年齢:15才以上
■セット内容:Xガン本体、差替え用ディスプレイシート1枚
■商品サイズ:1/1スケール(約250mm)、重量約700g
■商品素材:ABS、POM、PET
■生産国:中国
■販売:http://p-bandai.jp/item/item-1000107659/?rt=pr
■予約期間:2016年10月14日(金)16時~準備数量に達し次第終了
■商品お届け:2017年3月下旬予定
■発売元:株式会社メガハウス
※別売りの単4乾電池×3個をあらかじめご用意ください。

(C) 奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会

※最新の情報・詳細は商品販売ページをご確認ください。
※準備数に達した場合、販売を終了させていただくことがあります。
※ページにアクセスした時点で販売が終了している場合があります。
※商品仕様等は予告なく変更になる場合があります。
※掲載している写真は開発中のため、実際の商品とは多少異なる場合があります。