1UP情報局【ワンナップ】秋葉原&アキバ系ニュース・エンタメ情報

秋葉原&アキバ系のエンタメ情報をはじめとした旬なニュースを配信

二次元総合DLショップ「DLsite.com」が20周年! PCゲームのレンタル販売&2次元情報サイト立ち上げへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

同人誌や同人ゲーム、PCゲーム、商業コミックなどを取り扱うウェブサイト「DLsite.com」が20周年を迎えた。その記念イベントとして開催された「DLsite.next」にて、新たに展開する2次元コンテンツ向けのコミュニティサイト「DLチャンネル」のほか、ゲオとの提携で行うPCゲームレンタル事業について発表された。

dlsite20%e5%91%a8%e5%b9%b4%e3%83%ad%e3%82%b4

新サービス1:「DLチャンネル」

新たに導入される「DLチャンネル」とは、“昔購入した作品や隠れた名作について誰かと語り合いたい”という方に向けたサービス。「アンテナチャンネル」「トークチャンネル」「まとめチャンネル」という3つのコンテンツで構成されており、「作品購入後も楽しめる!」をコンセプトにしている。詳細は下記の通り。

Wikiみたいな【アンテナチャンネル】
作品のクリエイターや作家の作品を探すことができる。PVの閲覧や体験版をインストールも可能で、今後はサークル・メーカーが情報を発信することも視野にいれている。

2chみたいな【トークチャンネル】
自由にスレッドを立てられる掲示板。テーマとなる作品を指定して、その作品に関して他ファンとのトークが楽しめる。テキスト以外にも画像を貼り付けることも可能。

NAVERまとめみたいな【まとめチャンネル】
あらゆる情報を統合して1つのページにまとめた記事を自由に作成できるサービス。簡単操作で誰でも読みやすい記事を作れる。人気記事はトップページに表示されるため、ホットな話題も見つけやすい。

dlchannel_logo

新サービス2:「PCゲームのレンタル販売」

ライセンス認証サービス「PlayDRM」を活用することで「ゲームのレンタルプレイ」が可能に。インターネットだけでなく、全国のゲオ実店舗でもPCゲームのレンタル販売が行われる。特徴は下記の通り。

期間限定ゆえに低価格で提供
プレイできる日数を「PlayDRM」で制御することで、ゲームのレンタルが実現。プレイ可能期間が設定されているため、買い切り版よりも手に取りやすい低価格でゲームをプレイできる。

気になった作品は買い切り可能
レンタルして気に入った作品があれば、差額を払うことで買い切り版にアップグレードが可能。レンタル料金を買い切りに充てられるので、気軽に色んな作品をお試し購入することができる。

新しい販売スタイルによる新規ユーザー層の獲得
レンタルという低価格かつ、買い切りも可能な新しい販売スタイルにより、手軽にPCゲームをプレイできる環境を提供。新たなユーザー層の獲得に繋げる施策を行う。

レンタル終了後の返却手続きは不要
PCゲームレンタルはカードによるデータ販売。そのため、期限が終了しても面倒な返却手続きをする必要がない。

全国のゲオ店舗でレンタル販売
全国に幅広く展開するゲオ店舗でも、PCゲームのレンタルを実施。ダウンロードカードを販売することで、面倒な返却の手間がない。また、店舗側にとっても支払い時にカードを有効化するため、在庫や盗難リスクも解決できる。

dsc_9242

dsc_9238

1996年に日本初の同人ダウンロードショップとしてスタートした「DLsite.com(当時のサイト名は「ソフトアイランド」)」。ダウンロード販売という概念自体がほぼ存在せず、初めて1本の作品が売れたのはサービス開始から約2週間後だったという。あれから20年。国内最大級の二次元ダウンロードショップへと成長した「DLsite.com」は、さらに進化を続けていく。

外部リンク

DLsite.com:http://www.dlsite.com/
DLsite.next:http://www.dlsite.com/home/event/20th