1UP情報局【ワンナップ】秋葉原&アキバ系ニュース・エンタメ情報

秋葉原&アキバ系のエンタメ情報をはじめとした旬なニュースを配信

喫茶店「フライングスコッツマン秋葉原店」が同ビル3階へ移転! 『紅茶ホットケーキ』など新メニューも導入へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

今年5月にオープンした喫茶店「フライングスコッツマン秋葉原店」が12月12日(土)、同ビル(秋葉原UDX横のAKIBA426ビル)の7階から3階へ移転した。本店舗はヨーロッパの香り漂う喫茶店で、香り豊かな珈琲とくつろぎの空間を提供しており、サイフォン式で淹れているコーヒーはもちろん、厚さ1枚約3cmのホットケーキも人気を呼んでいる。

fly02

広々とした落ち着きのある空間へ

以前と比べ、店内が格段に広くなったフライングスコッツマン秋葉原店。ゆったりと落ち着けるテーブル席が多く、グループでの休憩や打ち合わせ等に使いやすくなった。1人で利用する際は、中央6人掛けのテーブル席か、3席あるカウンター席がオススメ。なかでもカウンター席は、サイフォン式で淹れる様子を間近で見られるので面白い。

▲以前のテラス席がなくなった分、店内がかなり広くなった。

▲以前のテラス席がなくなった分、店内がかなり広くなった。

▲別アングルから。

▲別アングルから。

▲カウンター席から見える雰囲気。

▲カウンター席から見える雰囲気。

紅茶を練り込んだ新作ホットケーキ

移転と同時に、待望の新メニューが追加! 人気のホットケーキは『紅茶ホットケーキ』(800円[税込])、『抹茶ホットケーキ』(850円[税込])の2点。さらに『ワッフルチョコ』(850円[税込])、『ワッフルベリー』(850円[税込])とワッフル系商品が新たに販売されることとなった。

目玉はやはり新作ホットケーキだろう。『紅茶ホットケーキ』は抽出したアールグレイを細かく刻んで生地に練り込んだ香り豊かな一品。バターとメープルシロップとの相性も良く、中に入っているベリーがいいアクセントとなって飽きずに食べることができる。また、『抹茶ホットケーキ』は生地に抹茶を練り込んでおり、さらに焼き上がり後に抹茶アイス・あずき・生クリームをトッピングする“和”な商品となっている。

店員さんに聞いたところ、どちらのホットケーキもハチミツを多めに入れており、通常よりもしっとりとした生地に仕上がっているという。これは紅茶や抹茶などを加えた際に起こる生地のパサツキを抑えるためでもあるらしい。なるほどなぁ。

▲新メニュー『抹茶ホットケーキ』にシロップをたっぷり。

▲新メニュー『抹茶ホットケーキ』にシロップをたっぷり。

▲ホットケーキの熱で溶け出すアイスと一緒に食べよう。

▲ホットケーキの熱で溶け出すアイスと一緒に食べよう。

▲ホットケーキはもちろんだが、本記者はサンドイッチもオススメしたい。

▲ホットケーキはもちろんだが、本記者はサンドイッチもオススメしたい。

ほかにも比較的安価な『自家焙煎ブレンド』(480円[税込])や、コーヒーが苦手な方用に各種ソフトドリンクメニューも追加され、より利用しやすくなっている。また、お得なセットメニューも注目してほしい。好きなホットケーキorワッフル+自家焙煎ブレンドのセットで「200円引き」が適用されるというもので、1000円少々あればどちらも味わえるようになったのだ。
(例:『手作りホットケーキ』+『自家焙煎ブレンド』 → 880円[通常1080円])

新しく生まれ変わったフライング・スコッツマンに、ぜひ行ってみよう!

店舗情報

フライング・スコッツマン 秋葉原店
■住所:東京都千代田区外神田4-2-6 AKIBA426ビル3F
■営業時間:月~金/11:00~21:30(L.O.21:00)、土・日・祝/11:00~20:30(L.O.20:00)
■定休:水曜
■公式ツイッター:@scotsmanakiba