1UP情報局【ワンナップ】秋葉原&アキバ系ニュース・エンタメ情報

秋葉原&アキバ系のエンタメ情報をはじめとした旬なニュースを配信

ダッシュエックス文庫がアキバをジャック! 店舗のジャンルを超えて秋葉原周辺50店舗が創刊1周年記念を祝福

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

昨年11月に創刊された集英社のライトノベルレーベル「ダッシュエックス文庫」が創刊1周年を記念し、11月25日(水)から秋葉原にて1周年記念祭を開催! 集英社のジャンプ各誌でのコミカライズ(漫画化)をはじめ、アニメ化、映画化を含めたメディアミックス展開を視野に入れ新創刊された同レーベルは、7月期にアニメ化もされた『六花の勇者』シリーズや、「となりのヤングジャンプ」にてコミカライズもされるなど根強い人気を博している『文句の付けようがないラブコメ』など、たった1年で多くの注目作を輩出してきた。

秋葉原へ“ダッシュ”せよ!

この記念祭は書店だけに留まらず、家電量販店、メイド喫茶、ラーメン屋、すし屋、カレー屋、カフェなど、ジャンルを超えた秋葉原周辺50の店舗が「ダッシュエックス文庫1周年」祝福するために協力。聖地・秋葉原に認められるレーベルに成長した「ダッシュエックス文庫」のために、キャラクターの等身大パネル、ポスター、のぼり等を設置し、街一帯がお祝いムードとなる。

なかでも注目は、メイド喫茶・めいどりーみんのオリジナルメニュー。秋葉原にある7店舗で、ダッシュエックス文庫の作品にちなんだ“ここでしかでしか味わえない”ドリンクの展開する。

大人気の『六花の勇者』からは、作中に登場するピエナ王国の王女で<刃の聖者>・ナッシェタニアをモチーフにした「いたずらキャロットジュース」を販売。ナッシェタニアが<刃>の能力を使いニンジンを剥いていることや、ウサ耳の兜を身につけるなど、作品で見られる特徴を忠実に反映し、メニューが考案されている。

また、自称“千年を生きる神”神鳴沢セカイと高校生・桐島ユウキとの純粋な恋模様が一般書店からも支持を集めている『文句の付けようがないラブコメ』からは、「文句の付けようがないナッツコーヒー」を販売。インパクトの強い名前のコーヒーだが、神様の威厳を保つため他人と壁を作りつつも、根はやさしく天真爛漫なセカイの二面性を表現した繊細な一杯となっている。

さらに、アニメ化もされる程絶大な人気を誇る『迷い猫オーバーラン!』を手掛けた松智洋が作画・矢吹健太朗とタッグを組んでおくる新シリーズ『はてな☆イリュージョン』。奇術師に弟子入りした真と、奇術師の娘で真の幼なじみである果菜(通称“はてな”)二人の成長を描くこの作品からは、「マジカル☆カクテル」(ノンアルコール)と題した色鮮やかな ドリンクが。キャラクターが探し出す、不思議な力を持つ「アーティファクト」をモチーフに作られた何が出てくるか分からないお楽しみカクテルにファンたちはワクワク、ドキドキすること間違いなしだ。

そのほか、ウルトラジャンプにてコミカライズした『英雄教室』の“炎の魔剣べリアル”をモチーフにした「女帝の元気の源★健康ドリンク!!」や、20世紀末の極東島国“皇国日本”を舞台に描く『クロニクル・レギオン』のゴージャスで優雅なイメージを感じる「ロイヤルハニーミルク」もあり、人気作品の世界感をその舌でも堪能することができる。メニューに隠されたストーリーを想像すれば、作品をより一層楽しめる。

また、協力店舗で条件を満たす商品を購入した人々には福引券を配布。その券をanimate秋葉原に持っていけば、1等の複製原画をはじめ、クリアファイル、防水ブックカバー、特製ステッカーなどファンにはたまらないグッズが3500名以上に当たるチャンスが! 福引はanimate秋葉原で11月25日~12月2日と12月24日~12月31日の2つの期間で挑戦することができる。

協力店舗の情報は特設サイトにて!

●特設サイトURL: http://dash.shueisha.co.jp/feature/1st_anniversary/
★[ダッシュエックス文庫]1周年記念祭_写真(メイン)

▲『はてな☆イリュージョン』とのコラボ。

▲『はてな☆イリュージョン』とのコラボ。

▲『英雄教室』とのコラボメニュー。

▲『英雄教室』とのコラボメニュー。