1UP情報局【ワンナップ】秋葉原&アキバ系ニュース・エンタメ情報

秋葉原&アキバ系のエンタメ情報をはじめとした旬なニュースを配信

愛媛県の喫茶店「フライング・スコッツマン」が秋葉原にオープン! 涼しく快適なテラス席に注目!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

先日お伝えした、愛媛県にある喫茶店「フライング・スコッツマン」が5月27日(水)、秋葉原UDX横のAKIBA426ビル7階(1階は「岡むら屋」)にオープン。さっそく店舗に行ってきたので、内装と店内の様子をお届けする。
【2015年12月16日追記】関連記事:喫茶店「フライングスコッツマン秋葉原店」が同ビル3階へ移転! 『紅茶ホットケーキ』など新メニューも導入へ

テラス席も用意された素敵空間

公式HP上で「ヨーロッパの香り漂う喫茶店で、香り豊かな珈琲とくつろぎの空間を提供している」と紹介されているフライング・スコッツマン」。店内はカウンター5席、4人掛けテーブル3つ、テラス席に4人掛けテーブルが2つ用意されている。メインメニューは、最近では珍しいサイフォン仕立ての珈琲。そして、ふわっと仕上がったホットケーキだ。価格帯はコーヒーが500円から、ホットケーキが650円から。

▲暑かったので、アイスコーヒー(600円)を注文。

▲暑かったので、アイスコーヒー(600円)を注文。

▲バニラアイスが乗ったチョコ&ナッツのホットケーキ(800円)。

▲バニラアイスが乗ったチョコ&ナッツのホットケーキ(800円)。

珈琲屋らしい落ち着きのある店内。カウンターの店員さんに何気なく話しかけてみると、とても気さくに対応してもらえた。雑談のなかで聞いた話だと、店名である「フライング・スコッツマン」とは、イギリスにある列車の愛称だそうだ。

DSC_8279

DSC_8268

▲サイフォン用の器具。

▲サイフォン用の器具。

特記すべきは「テラス席」。ビルの7階という場所を活かしたもので、風通しが良くとても気持ちがいい。目の前に秋葉原UDXがあるおかげで常に影ができており、暑い時期には快適だ。もっと席とテーブルを増やせるほどのスペースがあるのだが、広々と使って欲しいというお店の気配りか、テーブルは2つとなっている。空いていればいつでも使えるので、訪れた際はチェックしておこう!

▲テラス席。

▲テラス席。

DSC_8286

▲せっかくなのでホットケーキと合わせてみた。

▲せっかくなのでホットケーキと合わせてみた。

▲テラス席から見た景色1。

▲テラス席から見た景色1。

▲テラス席から見た景色2。

▲テラス席から見た景色2。

秋葉原にできた新しい快適スポット。ぜひ一度体験してほしい。

【追記】
後日、改めてホットコーヒーに挑戦。サイフォン式で作られた『アメリカン(600円)』を注文した。珈琲通ではないので多くは語れないが、普段ブラックが飲めない本記者でもスッキリとした味わいで飲むことができた。なんだか不思議。

▲テラス席を集中的に紹介したが、カウンターではサイフォン式で作られる様子を見ることができる。これがまた楽しい。

▲テラス席を集中的に紹介したが、カウンターではサイフォン式で作られる様子を見ることができる。これがまた楽しい。

▲『アメリカン』(600円)。

▲『アメリカン』(600円)。

▲豆を見せてもらった。光っているのは質の良い証拠らしい。

▲豆を見せてもらった。光っているのは質の良い証拠らしい。

 

店舗情報

フライング・スコッツマン 秋葉原店
■住所:東京都千代田区外神田4-2-6 AKIBA426ビル7F
■営業時間:10時~22時(L.O.21時30分)
■定休:日曜日