1UP情報局【ワンナップ】秋葉原&アキバ系ニュース・エンタメ情報

秋葉原&アキバ系のエンタメ情報をはじめとした旬なニュースを配信

【ホビーショー】第二次大戦の戦闘機と戦車にタミヤに模型のこだわりを聞いてみた

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

老舗、タミヤ模型のブース

老舗、タミヤ模型のブース

930日(土)、101日(日)の二日間、東京・有明の東京ビッグサイト東78ホールで「第57回全日本模型ホビーショー」が開催。どのメーカーも模型はリアリティを追求し、どれだけプラモデルで本物に近づけるかを競い合っている。

そこでプラモデルで有名な老舗タミヤ模型にそのこだわりを聞いた。

「(株)タミヤ」ブースには第二次世界大戦時の飛行機、戦車が展示。
中でも大きくスペースを割いて展示されていたのは先週発売になったという1/32スケールの「ヴォートF4U-1Dコルセア」。

展示された1/32のコルセア。これは翼が開いたバージョン

展示された1/32のコルセア。これは翼が開いたバージョン

コルセアは19444月に初めて空母艦載機として正式採用され、付け根から太くなったプロペラ、視界改善のために位置を高めた操縦席などが特徴だ。

翼を広げたバージョンと空母に積むために翼を折り畳んだ2つのバージョンが展示されている。

翼を折り畳んだコルセア

翼を折り畳んだコルセア

タミヤブースの担当者にこのコルセアは翼の折り畳みが自在にできるのか聞くと「本物のコルセアはもちろんできますが、プラモデルではできないんです」と、この2つは別バージョンという。

プラモデルでも、仕掛けを作れば折り畳めるのではと聞くと「そうなると翼に実際と違うものをつけることになってしまう。私たちは当時の本物をどれだけ再現するかにこだわりを持っているんです。エンジン、コクピットや翼を折り曲げた箇所を見て頂いても分かる通り、本物そのままに細かく再現しています。しかし、1/32と、ここまで小さくなると翼を折り畳む部品の再現は難しいんです」と、こだわりゆえの苦悩も垣間見える。

翼の折り畳み部分。精密に再現されている

翼の折り畳み部分。精密に再現されている

プロペラの太さ具合やエンジンも細かく再現

プロペラの太さ具合やエンジンも細かく再現

実際とは大きさも形も違う折りたたみの仕掛けは作れるが、リアリティを追求するため、本物の部品を1/32にしてしまうと、翼の関節部分が小さくなりすぎて再現しきれない、また強度が保てず破損してしまうなど問題があるようだ。

そのため、このコルセアは翼を広げたバージョン、閉じたバージョンをそれぞれ購入する必要がある。

次のページは新商品のメッサーシュミット。1/48にしてエンジン部分のカウル(カバー)の開閉を再現!

1 / 212