1UP情報局【ワンナップ】秋葉原&アキバ系ニュース・エンタメ情報

秋葉原&アキバ系のエンタメ情報をはじめとした旬なニュースを配信

【ゲーム週間売上】GW商戦は『ドンキーコング』に栄冠、『パワプロ』『GoW』はランクダウン

LINEで送る

5月7日(火)ゲームショップのゲオは、最新のゲームソフト売上ランキングTOP10を発表した。ゴールデンウィーク商戦を勝ち抜いたのはニンテンドースイッチ用新作ソフト『ドンキーコング トロピカルフリーズ』(任天堂、5月3日発売)。2014年に発売された同タイトルWii U版をさらにパワーアップさせた移植作で、ゲオ担当者は「Wii U版の約2.5倍の販売本数(初週)」と話す。

発表された売上ランキング

発表された売上ランキング

本ランキングは4月30日(月)から5月6日(日)までのゲオショップ約1,200店の新作ゲームソフト売上を集計したもの。首位となった「ドンキーコング トロピカルフリーズ」は、ドンキーコングシリーズ最新作。

北の海からやってきたバイキング「ザ・スノーマッズ」がドンキーコングアイランドを氷漬けにして乗っ取ってしまう。島を取り戻すため、ドンキーコングは仲間たちと立ち上がる。

前述の通り2014年に発売されたタイトルの移植版だが、シリーズ初のハイビジョン対応作品としてその美しいグラフィックや、カメラワークで、よりゲームの迫力が増しているのが特徴だ。

【ゲーム関連記事】アズレン、すーぱーそに子、Fate…記者陣殺到した「ニコニコ超会議」コスプレ広場

©2014-2018 Nintendo

©2014-2018 Nintendo

2位には、先週首位だったPS4用ソフト『実況パワフルプロ野球2018』(コナミデジタルエンタテインメント、4月26日発売)がランクイン。3位には先々週首位だったPS4用ソフト『ゴッド・オブ・ウォー』(ソニー・インタラクティブエンタテインメント、4月20日発売)が入っている。

©Konami Digital Entertainment

©Konami Digital Entertainment

今週の状況について、ゲオの敏腕バイヤー武藤崇史氏は「『ドンキーコング トロピカルフリーズ』が初登場1位。Wii U版から追加要素を加えた作品ながら、GW中での発売であった点とTVCMの効果で、Wii U版の初週販売と比べ約2.5倍の販売と、好調なスタート。『星のカービィ スターアライズ』『スナックワールド トレジャラーズ ゴールド』などのSwitch定番ソフトが前週と比べ大きく数値を伸ばしており、GWらしいランキングとなった」と解説する。

●編集部オススメ

・先週のランキング

・アズレン、すーぱーそに子、Fate…記者陣殺到した「ニコニコ超会議」コスプレ広場