1UP情報局【ワンナップ】秋葉原&アキバ系ニュース・エンタメ情報

秋葉原&アキバ系のエンタメ情報をはじめとした旬なニュースを配信

【秋葉原】キャスト可愛いと評判のアミューズメントカフェ「秋葉屋」に潜入した!

LINEで送る

3月23日(金)、東京・秋葉原にあるアミューズメントカフェ「秋葉屋」がグランドオープンから1ヶ月を迎えた。1up情報局ではこれまで、開店直後の繁忙期を超えたお店を独自に取材し続けてきた。この時期のほうが、お店の特徴やサービスを実体験しやすいからだ。ネットで「キャストさんが可愛かった」とコメントが飛んでいた「秋葉屋」、一体どんなお店なのかリサーチした。

DSC_4320秋葉原にはアイドルのステージイベントを見ることができるお店が複数あるが、「秋葉屋」はステージイベントをより「ショー」として前面に押し出しているのが特徴だ。ダンス、歌唱の演目ひとつひとつの完成度、ステージ演出、衣装に至るまで極限までこだわりを持っている。

【関連リンク】7人のキャストさんの写真はコチラ

店内構造を見ても他店との違いが一目瞭然だ。まるでファッションショーの「ランウェイ」のように、客席の眼前まで続くステージ。パフォーマンスの迫力を感じながら、自分の席で料理とお酒を楽しむことができるというわけだ。

会場前、慌ただしく店内を走るタレントさん

会場前、慌ただしく店内を走るタレントさん

この日、1up情報局記者は開店前のお店に潜入。ライブを行なうアイドルたちは「タレント」と呼ばれていて、1日3回(18時〜、19時30分〜、21時〜)のステージを毎日こなしている。ステージがない時間帯は、ユニフォームのオリジナルTシャツ姿で店内を巡回し、お客さんとフリートークを展開する盛り上げ役もつとめているので、大忙しだ。みなダンス、歌手などの夢を叶えるためにトレーニングしてきた面々。潜入したはずの記者にも一人ひとりが挨拶に訪れ、マナーのよさにびっくりした。DSC_4422

料理はカウンターバー奥にある厨房ですべて手作り。『愛と正義は勝つ♡カレ〜』(1500円)は名前こそキュートだが、揚げたてカリッカリの三元豚ロースカツを濃厚カレーにトッピングした人気の品書き。「渡蟹のトマトクリ〜ムスパゲッティ〜」(1200円)は蟹の身を贅沢に使用したコク深いトマトクリームパスタだ。生ビールやサワー系によく合う「フライバスケット」(1000円)の注文が入ると、厨房からは揚げ物の香ばしいにおいが漂ってきた。DSC_4418

ライブスタートで沸き上がる店内

DSC_4445DSC_4549 DSC_451218時、いよいよ定期ステージがスタート。談笑していた常連客たちもステージを見つめる。ステージでは、ソロでの歌唱あり、本格的なダンスパフォーマンスあり、観客を巻き込んだMCタイムありと盛りだくさん。フリートーク時には「タレント」のみんなのフレッシュさ、キュートさが目立っていたが、ステージに立つと「かっこいい」の一言しか出てこないほど高いパフォーマンスを披露してくれた。そのギャップも彼女たちの魅力といっていいだろう。

タレントの一人、まいかさんは「接客にステージと、マニュアル通りにはいかないけど、楽しいお仕事ばっかりです。お店では自分のオリジナリティを認めてくれるので、いつも一生懸命でいれることができるんです」と話す。DSC_4782

入場料は無料で、1時間1000円のテーブルチャージ制。延長の場合は30分500円だ。お酒を1杯呑んで、ライブを楽しむとだいたい2000円〜2500円程度。ノンアルコールの飲み物や、グループ使用するテーブル席もあるので、二次会などで使用するのもいいだろう。

ちなみに「YELL」という店内独自チップを使ってお気に入りのタレントに“おひねり”をプレゼントすることもできる。またチェキ販売もスタート。今後も店内で楽しめるオプションメニューを随時充実させていくとのことだ。

誕生日を迎えたお客さんのためにメンバー全員で記念撮影

誕生日を迎えたお客さんのためにメンバー全員で記念撮影

【次ページ】ブルーのミニスカコスチュームが本当に可愛い!キャスト全員をご紹介

1 / 212