1UP情報局【ワンナップ】秋葉原&アキバ系ニュース・エンタメ情報

秋葉原&アキバ系のエンタメ情報をはじめとした旬なニュースを配信

【ゲーム週間売上】『モンハンワールド』首位陥落 売上伸ばした『北斗が如く』に栄冠

LINEで送る

3月12日(月)ゲーム販売のゲオは、最新のゲームソフト売上ランキングTOP10を発表した。1位に輝いたのはPS4用新作ソフト『北斗が如く』(セガゲームス、3月8日発売)。3週連続で首位だった『モンスターハンター:ワールド』などの強豪ソフトを抑え初登場で首位という形になった。

hokuto1本ランキングは3月5日(月)から3月11日(日)までのゲオショップ約1,200店の新作ゲームソフト売上を集計したもの。「怪物ソフト」といわれ、2週連続で首位に輝いていたPS4用ソフト『モンスターハンター:ワールド』(カプコン、1月26日発売)は一つ順位を下げて2位だった。

無類の強さを誇っていた『モンハン』を止めたのは『北斗が如く』。人気の『龍が如く』シリーズで培われてきたド派手なアクションに、ケンシロウ操る北斗神拳が融合。簡単操作で、誰もが北斗神拳伝承者になれる爽快バトルが楽しめる。本作では、奇跡の街“エデン”を舞台にした完全オリジナルストーリーが繰り広げられ、人気の原作キャラはもちろん、新キャラも登場。

sennokiseki5位にも新作が飛び込んだ。PS4用ソフト『英雄伝説 閃の軌跡1:改 -Thors Military Academy 1204T』(日本ファルコム、3月8日発売)は、2013年にPS3、PSVita用として発売したストーリーRPG『英雄伝説 閃の軌跡』がベースになったソフト。

高画質化に加え、「高速スキップモード」追加など、操作性もアップしていて、過去リリースしたシリーズとのセーブデータ連動などもある。

gamelk0312今週の状況について、ゲオの敏腕バイヤー武藤崇史氏は「新作PS4『北斗が如く(世紀末プレミアムエディション含む)』が初登場1位。予約されていないお客様のご購入や、週末でのご購入が目立っており、TVCMで気になったユーザーからの支持を得ているように見える。

その他、新作ではPS4『英雄伝説 閃の軌跡1:改』、PS4『ファイナルファンタジーXV ロイヤルエディション』がランクイン。また先週のニンテンドーダイレクト()の発表の影響から『Splatoon2』等、Switch 全般が若干数値を伸ばしている」と分析する。

※ニンテンドーダイレクト…新製品や新しいゲームの情報を発表する任天堂が公開している動画

●編集部オススメ

・【先週の様子】連続首位のモンハン

・『モンハン:ワールド』首位キープ 『メタルギア 』『ガルパン』が追随