1UP情報局【ワンナップ】秋葉原&アキバ系ニュース・エンタメ情報

秋葉原&アキバ系のエンタメ情報をはじめとした旬なニュースを配信

【CP+2018】コスプレ撮影用機材を求めて──Nissinでは「最新型マシンガンストロボ」「多灯撮影用機材」に注目 

LINEで送る

3月1日(木)、神奈川「パシフィコ横浜」で、撮影機材と周辺機器がテーマの国内最大規模の展示会「CP+2018」が開幕になった。会期は4日(日)まで。初日から多くのカメラファンが会場を訪れた。

DSC_3122CP+」は、ニコン、キャノン、富士フィルム、オリンパスなど国内に流通しているカメラ、関連商品の主要メーカーが揃って出展するイベント。会場では新作の発表から、まだリリースしたばかりの新商品までが展示。カタログでしか見れなかったアイテムなども実際に手に取って体験することができる。プロ向け機材もあるが、アマチュアカメラマン向け機材も多く扱っていた会場。中でも「コスプレ撮影」「撮影会」で活躍できるグッズはないのか、業界でキモカメコの異名を持つ1UP情報部員が探し歩いた。

「ニッシン」ブースの目玉はマシンガンストロボ「MG10」

ずしりと存在感あるMG10

ずしりと存在感あるMG10

ニッシンジャパンは、一眼レフに装着する「外付けストロボ」メーカーとして人気が高い。外付けストロボを巧みに使い、陰影が綺麗なコスプレ写真を撮りたいという願望は、初心者カメラマンなら誰もが抱く夢である。

いつか挑戦したいけど「どうやって遠隔で発光させるのかわかんない…」「どうライティングするべきかわからない」と二の足を踏んでいるカメラ紳士がいたら、ニッシンジャパンブースで相談するといい。同社ではそんな「オフカメラライティング」推進商品(?)を扱っているからだ。

ニッシンブースで実施されていた多灯ライティングの実践

ニッシンブースで実施されていた多灯ライティングの実践

展示商品で注目は、今夏発売予定であるグリップ型スピードライト「MG10」。“マシンガンストロボ”の異名をとる強力な外付けストロボだ。

フルパワーでの連続発光にも耐える設計になっているのが特徴。クオーツ発光管2本を使用し、最大ガイドナンバー80という大光量を実現している。しかも定常光であるLEDライトが発光部分に内蔵(最大出力で約4時間使用可能)されているので、LEDライトを付けて位置などを調整すれば「こんな風にストロボの光があたるのか」と、セッティングの際に目安になる。

シャッターボタンがついている

シャッターボタンがついている

グリップにも秘密あり。表面にはシャッターボタンがついていることに注目して欲しい。ニッシンのワイヤレス操作機器「コマンダーAir10s」と併用すると、このシャッターボタンで、カメラのシャッターを切ることができる。つまり、三脚でカメラをセッティングし、撮影者は「MG10」を持ち、離れた場所からモデルにストロボを向け、遠隔でシャッターが切れるというわけだ。

また、「MG10」にはカメラとストロボを横並びで固定させるための専用ブラケットがついているので、遠隔ではなく一眼レフに装着しても良い。フル発光での連射はコスプレ撮影ではもったいない性能だが、一瞬のチャンスも逃せないコスプレ会場の「囲み撮影」では英雄になれるやもしれない。値段は未定で2018年夏登場予定。今後の発表が楽しみだ。

専用ブラケットが付属する

専用ブラケットが付属する

そんなMG10に加え、ニッシンではオリジナルのスタンド、アンブレラも発売予定だという。実際にそれらは展示されていたが、触ったところ、非常に軽く頑丈。スタンドはセットでの発売も予定しているだろう。ストロボは持っていても、スタンド機材をどうしていいかわからない…そんなユーザーのためにニッシンは燃えているのだ。

DSC_3111DSC_3119

●編集部オススメ

・『CP+ 2018』に華添える美人コンパニオン・キャンギャルたち