1UP情報局【ワンナップ】秋葉原&アキバ系ニュース・エンタメ情報

秋葉原&アキバ系のエンタメ情報をはじめとした旬なニュースを配信

【秋葉原】JR高架下に「タバコ自販機」新設!? 実は美味すぎる「本格粉末茶」販売機

LINEで送る

JR秋葉原駅と御徒町駅の高架下にある、食をテーマにした物産専門店「日本百貨店しょくひんかん」に本格粉末茶「チャバコ(茶箱)」の自動販売機が設置されることがわかった。設置期間は3月4日(日)から11日(日)までの1週間限定。

もうどう見てもタバコ…

どう見てもタバコ

「日本百貨店しょくひんかん」は、地域の名産品を揃えたショッピングスポット「ちゃばら」内にあるお店だ。今回自動販売機で販売される「チャバコ」は、日本茶(掛川茶)の普及事業を行なう静岡県掛川市の企業・ショータイムが企画・販売している商品。

見た目はタバコの箱だが…

掛川名物のお茶を粉末にしスティック状に包んだもので、出先でもミネラルウォーターのペットボトルに投入すれば、コク深い掛川茶を楽しむことができる。また見た目もタバコの箱のようでユニークだ。プレゼントはもちろん、外出先で使用するのにも適している。

この自動販売機もすごい…

自動販売機もすごい…

味は茶草場深蒸茶(500円)、茶草場ほうじ茶(500円)、深蒸煎茶(500円)など複数種類があり、パッケージもまるでタバコ。設置される「チャバコ」自動販売機のビジュアルも、レトロなタバコ自販機を想起させる。

ロゴはもちろん、とくに自販機下部の茶色いタイルは、おばあちゃんの家の風呂場などでよく見かけた仕様にそっくりだ。

今回の秋葉原での自販機設置を記念して、3月4日(日)から3月 11 日(日)の間は同所で「試飲販売会」も実施されるそうだ。試飲のお茶を配るスタッフがいるということは「もはや自動販売機は必要ないのでは」とも思ってしまうが、そこはあえて“濁して”おくのが粋かもしれない。

パッケージもかわいい!(同社HPより)

パケも可愛い(HPより)

販売元であるショータイムの担当者は、「新しいお茶の楽しみ方の提案を通じて、『ストレス社会』と呼ばれる世の中に少しでも笑顔が生まれる話題を提供するとともに、長く不況が叫ばれるお茶業界に少しでも元気を与える話題を提供したく存じます」とコメントしている。

開催概要

「チャバコ」自動販売機設置、試飲販売会

BOPeBsaCIAEQh_3■期間 3月4日(日)〜11日(日)11:00〜20:00

■場所 日本百貨店しょくひんかん(千代田区神田練塀町 8-2『ちゃばら 』内

■アクセス JR秋葉原駅「電気街口」改札を出て右折し、徒歩2分

●編集部オススメ

・「俺の背後に立つな」──『ゴルゴ13』と「脚立」がコラボ

・瞬時に遠近切り替えができるハイテク眼鏡 本日より発売開始