1UP情報局【ワンナップ】秋葉原&アキバ系ニュース・エンタメ情報

秋葉原&アキバ系のエンタメ情報をはじめとした旬なニュースを配信

【トレンド】フィギュア作品を「高精度3Dスキャナー」でデジタルデータ化 色情報も記録する新サービス「デジナル」誕生 

LINEで送る

img_147832_21月19日(金)3Dスキャン・データ制作などを手がけるアシストは、フィギュア原型の3Dスキャンサービス「デジナル」を開始した。このサービスを利用して、アナログで制作されたフィギュア原型をデジタル化すれば、パーツの微調整やサイズ変更、デジタルデータ上での修正が可能になる。

現在フィギュア原型の制作においては粘土やパテを使用するのが主流。しかし昨今は3Dプリンターの普及もあり、デジタルデータ上でフィギュアの原型制作をする原型師も増えている。手作業ならではの細かい造型はアナログにまだ及ばない部分もあるが、サイズ変更や、パーツをこまめに仮組みしてのチェックなどは、圧倒的にデジタルのほうがスピーディー。そんなデジタル原型のメリットをさらに身近にさせてくれるのが「デジナル」のサービスというわけだ。

3Dスキャニングの様子

3Dスキャニングの様子

スキャンは解像度(最大)0.017mm、測定精度(最大)0.022mmという高精細3Dスキャナーで行う。フルカラーでの撮影にも対応しているため、色情報もしっかり残せるのも特徴だ。そのため、原型だけでなく彩色済みの完成品も3Dスキャンすることが可能となっている。「過去に制作したフィギュア原型も、時間とともに色や素材が劣化していってしまう。デジタルデータで残しておけば、形と色をほぼ再現できる」とアシスト担当者はメリットを話す。高性能な3Dプリンターを使えば、高いクオリティで過去作も再現できるという。

解像度(最大)0.017mm、測定精度(最大)0.022mmという高精細3Dスキャナーを使用

解像度(最大)0.017mm、測定精度(最大)0.022mmという高精細3Dスキャナーを使用

サービス利用方法は簡単で、アシストにスキャンしてもらいたいフィギュアを郵送するだけ。気になる3Dスキャンの値段は、単純な原型(Aプラン)なら29,800円、標準的原型(Bプラン)なら39,800円、複雑な原型(Cプラン)の場合は49,800円という設定。同社HPに転載してもいいスキャンデータの場合は、1万円分のキャッシュバックサービスを受けられる。

関連情報

デジナル公式サイト

●編集部オススメ

・電通が黒柳徹子のアンドロイド開発に成功

・最新IoTデバイス完備「近未来のホテル」がアキバにオープン