1UP情報局【ワンナップ】秋葉原&アキバ系ニュース・エンタメ情報

秋葉原&アキバ系のエンタメ情報をはじめとした旬なニュースを配信

【ゲーム週間売上】驚異のV字回復で『マリオオデッセイ』が首位奪還 ニンテンドースイッチ、3DSが「クリスマス商戦」の主役

LINEで送る

12月25日(月)、ゲーム販売のゲオは、新品ゲームソフトの週間売上ランキングTOP10を発表した。本ランキングは、2017年12月18日(月)から12月24日(日)までのゲオショップ約1,200店の新作ゲームソフト売上を集計したもの。2017年最後の売上ランキングデータとなる。

mario2今週、首位に輝いたのはニンテンドースイッチ用ソフト『スーパーマリオオデッセイ』(任天堂、10/27発売)。

年末商戦、クリスマス商戦に入り、ニンテンドースイッチ、ニンテンドー3DSのタイトルが一挙にランキング上位を賑わせていたが、これまで上位と距離をあけられていたスーパーマリオオデッセイが一気に首位奪還を果たした形だ。

驚異の追い上げとなったマリオ最新作

驚異の追い上げとなったスーパーマリオオデッセイ

また2位にニンテンドースイッチ用ソフト『Splatoon2』(任天堂、7/21発売)、3位に『マリオカート8 デラックス』(任天堂、4/28発売)。こちらもロングセールスを記録していたソフトだが、一気にランキングの順位を上げた。

スプラトゥーン2もハード売上に貢献したヒット作

スプラトゥーン2もハード売上に貢献したヒット作

ハード本体の大量入荷が後押し

ゲオの敏腕バイヤー・武藤崇史氏は10月30日のランキング発表時に「マリオオデッセイは間違いなく年末商戦の主役」と断言していた。

今回のランキングについては、「今年最後のランキングはニンテンドースイッチのソフトが1、2、3位を独占。今年のゲーム業界を象徴した結果となった。クリスマス時期でのハード本体の大量出荷に伴い、『スーパーマリオ オデッセイ』『Splatoon2』などの定番タイトルがプレゼント需要で高い推移を見せている」と分析した。61pCOUGQM5L617q6mSSd5L

4位にニンテンドー3DSソフト『ポケットモンスター ウルトラサン』、5位に『ポケットモンスター ウルトラムーン』(ともにポケモン、11/17発売)と、こちらも売れ行きはV字回復。武藤氏は「『ポケットモンスターウルトラサン・ムーン』『妖怪ウォッチバスターズ2』のニンテンドー3DS勢も引き続き好調といえる」と話す。

001新規ソフトでは10位にランクインしたPS4用新作ソフト『リディー&スールのアトリエ~不思議な絵画の錬金術士~』(コーエーテクモゲームス、12/21発売)が唯一気を吐いた。1997年に発売された『マリーのアトリエ』からはじまる「アトリエシリーズ」19作目で、双子の姉妹・リディーとスールが主人公のRPG。

関連リンク

【先週のランキングの様子】『妖怪ウォッチ』たちまち首位 クリスマス商戦は「スイッチ」「3DS」用ソフトに追い風

【先々週の様子】良作の声相次ぐ『龍が如く 極2』首位奪取 人気作大混戦