1UP情報局【ワンナップ】秋葉原&アキバ系ニュース・エンタメ情報

秋葉原&アキバ系のエンタメ情報をはじめとした旬なニュースを配信

【トレンド】「コミケに託児所を…!!」ママ・パパの同人活動を応援する「託児所設置プロジェクト」に約1日で100万円以上の支援金集まる

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

11月27日(月)、クラウドファンディングサイト「キャンプファイヤー」に「コミケ等の同人イベントに【託児所】を作って、ママ・パパの同人活動を応援したい!」というプロジェクトがアップされ話題になっている。翌28日には目標額だった100万円の支援金が集まり、29日現在200万円近い額まで支援額は増え、パトロンの輪が広がっている。

サイトの紹介によると、同プロジェクトを企画したのは出張保育・託児サービス「にじいろポッケ」を運営している四辻さつきさん。四辻さん自身も同人活動が趣味の二児の母である。

同人イベントのたびに子どもを預ける大変さを痛感していて、「同じ境遇のパパ、ママもいるのではないか」と、2017年1月の女性向け同人イベントから出張託児活動を開始。当初は利用者も少なかったが、2017年夏コミでは3日間で約20名の子どもを預かるなど少しずつ利用者が増えていった。

「コミケに託児所を」の声に賛同した人が多かった

一気に拡散された今回のプロジェクト(キャンプファイヤーHPより)

ところが、東京ビッグサイトの周辺で借りられる託児スペースはどこもレンタル費が高い。12月29〜31に開催される「2017年冬コミ」3日間の託児サービスの告知を出したが、11月24日時点では「最少催行人数の6名にも達していない」状況だった。このままでは継続が厳しいと、「キャンプファイヤー」でパトロンを募集したのが事の経緯である。

すると、イラストレーターのひびき玲音さんをはじめ次々と応援の輪が広がった。支援者の中には、子供はいないが「素晴らしい活動なので支援したい」という声を上げている人もいたという。

関連情報

コミケ等の同人イベントに【託児所】を作って、ママ・パパの同人活動を応援したい!(キャンプファイアー公式サイトへ)

「にじいろポッケ」公式サイト