1UP情報局【ワンナップ】秋葉原&アキバ系ニュース・エンタメ情報

秋葉原&アキバ系のエンタメ情報をはじめとした旬なニュースを配信

【PCガジェット】今日から君も土木工事の現場監督!? ユニットコムが「建設バーチャルリアリティシステム」店頭デモを全国で開始!!

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

10月18日(水)ユニットコムは、福井コンピュータと共同で、建設バーチャルリアリティシステム「TREND-CORE VR」の店頭デモンストレーションを全国のパソコン工房26拠点で開始したを発表した。本日よりパソコン工房秋葉原イイヤマストア店など、店頭での体験ができる(要事前予約・法人向け)。

topimageTREND-CORE VR」は福井コンピュータのCIMコミュニケーションシステム「TREND-CORE」で作成した3次元モデルデータと、ヘッドマウントディスプレイ『HTC Vive(TM)』を利用することで、工事現場に立っているかのようなバーチャルリアリティ体験を実現するシステム。発注者や協力会社との打合せ・住民説明、安全教育や入場者教育など、土木施工業界における3次元化により、安全・品質・工程等の各面での向上が見込まれている。

とはいってもこちらのサービスは一般ユーザーがゲーム的に楽しむものではなく、ユニットコムはこの建設バーチャルリアリティシステム体験の開始で、産業用バーチャルリアリティのもたらす価値をより身近に感じさせ、土木施工業界における3次元化の促進に繋げたいと考えているようだ。

3Dモデル空間の「ウォークスルー体験機能」及び「模型閲覧体験機能」を標準搭載。まるで工事現場に立っているかのような圧倒的な没入感でバーチャルリアリティ体験を実現(福井コンピュータ公式サイトより)

3Dモデル空間の「ウォークスルー体験機能」及び「模型閲覧体験機能」を標準搭載。まるで工事現場に立っているかのような圧倒的な没入感でバーチャルリアリティ体験を実現(福井コンピュータ公式サイトより)

3Dモデル空間の「ウォークスルー体験機能」及び「模型閲覧体験機能」を標準搭載。まるで工事現場に立っているかのような圧倒的な没入感でバーチャルリアリティ体験を実現(福井コンピュータ公式サイトより)

「TREND-CORE」で配置した3D部品(※アニメーション付き)のアニメーション再生機能を搭載し、より臨場感のあるシミュレーションを実現(福井コンピュータ公式サイトより)

「TREND-CORE VR」の店頭デモンストレーションは予約制。福井コンピュータ担当者の受付・同席にて実施される。個人での利用はできるのか確認したところ、「恐らくソフトだけで60万円、スペックが高いPCや、VR機器が必要になるため、合計100万円程度はかかると思います。ゼネコンなどの法人向けかと思います」とスタッフさん。詳細は公式サイトにて。