1UP情報局【ワンナップ】秋葉原&アキバ系ニュース・エンタメ情報

秋葉原&アキバ系のエンタメ情報をはじめとした旬なニュースを配信

【秋葉原 グルメ】全国初、ハラール対応「ココイチ」がアキバにオープン

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

9月19日(火)カレー専門店「CoCo壱番屋」を展開する壱番屋は、全国初となるイスラム教で禁じられた食材を排除した(ハラール対応)CoCo壱番屋を秋葉原にオープンさせると発表した。オープン日は9月25日(月)で、店舗名は「カレーハウスCoCo壱番屋『ハラール秋葉原店』」。

チキンカツ+やさいをトッピング

【ハラール対応】チキンカツ+やさいトッピング

近年、外国人観光客が急増する秋葉原。各店舗ではメニューを英語化、中国語化させるなど受け入れ体勢を強化しているが、ココイチはイスラム教徒の観光客が安心して食事を楽しめるよう「ハラール対応」店舗を新たにつくった。場所は「麺屋ここいち」が過去にあった場所。秋葉原駅昭和通り口から御徒町方面に歩いて3〜4分ほどの場所だ。

イスラム教では、「豚由来の食べ物がNG」「アルコールがNG」などのルールがある。イスラム教徒が食べていい「ハラール対応」を貫徹することは日本の飲食店ではなかなか難しいのが現実だ。当然、彼らが日本に来た際は、食事を気にしなくてはいけないという現状がある。

カレーソースはムスリム大国インドネシアの会社が製造

ささみかつとチーズをトッピング

【ハラール対応】ささみかつ+チーズトッピング

今回の新店舗は、ハラール対応店舗として「NPO法人日本アジアハラール協会」の認証を取得。使用する全ての原材料はもちろんのこと、配送方法等にいたるまで完全にハラールに対応している。

ハラール対応カレーソースは、ハウス食品グループである株式会社ジャワアグリテック(本社:インドネシア)にて製造されたソースを使用する。
壱番屋では「2020年の東京オリンピック開催に向けて、海外からのお客様がますます増加することが見込まれており、より多くのお客様に日本の国民食であるカレーライスをお楽しみいただけるよう、ココイチらしく、ハラールに対応した10種類のトッピングをご用意したほか、ライス量や辛さもお選びいただけます」と説明している。

ハラール対応がされたカレーの写真を見ると、通常のココイチのカレーとは全く見分けがつかなく非常に美味しそう。値段は一般的なお店より数円から10円ほど高い設定と、気にならない程度だ。ハラール対応がされたお店で、ゆっくり食事を楽しむ観光客の姿が今後は見れそう。気になる方はムスリムでなくても一度食べてみよう。

チキンキーマ+ソーセージ。普段のカレーと見た目は全然変わらない

【ハラール対応】チキンキーマ+ソーセージ。普段のカレーと見た目は全然変わらない

店舗概要

カレーハウスCoCo壱番屋 ハラール秋葉原店0000

オープン日 : 2017年9月25日(月)
場 所 : 東京都千代田区神田松永町16 内尾松永ビル1F

営業時間 : 11:00 ~ 22:30(ラストオーダー22:00)
席 数 : 10(カウンターのみ)