1UP情報局【ワンナップ】秋葉原&アキバ系ニュース・エンタメ情報

秋葉原&アキバ系のエンタメ情報をはじめとした旬なニュースを配信

【フィギュア】『海底軍艦』轟天号がアオシマから発売に! 噴射口をLED点灯できるなどファン納得の完成度に

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

9月12日(火)模型メーカー・アオシマは、特撮映画『海底軍艦』(1963年、東宝)に登場するメカ『轟天号』を、劇場公開55周年を記念して2017年冬にリペイント。塗装済み完成品(合金)として発売することを発表した。

あの『轟天号』が蘇る

4905083103883

「海底軍艦 轟天号」フィギュア

東宝が1963年に公開した『海底軍艦』は、特撮好きには知らない者がいない伝説の名作。特撮は円谷英二が担当しており、迫力ある映像を当時の技術と円谷組のアイデアで次々と具現化させている。轟天号は同作に登場する万能戦艦で、艦首の巨大ドリルが特徴。その後、『惑星大戦争』や『ゴジラ ファイナルウォーズ』といった東宝映画にも登場する名機である。4905083103883_64905083103883_5_on

今回はその轟天号のフィギュアのほか、映画『海底軍艦』リマスターフィルムを基に公開時のフィルムイメージカラーの彩色を忠実に再現した「限定版」も同時発売される。

艦橋部、鋸、翼、垂直尾翼は本体へ完全収納可能で、LEDで噴射口を点灯することができる。可動部はまだあり、「ドリル部」は正転・逆転を動かせ、「冷凍銃発射口」は前後に可動できる仕様だ。

 

特別カラーのフィギュア「海底軍艦 轟天号 限定版」

特別カラーのフィギュア「海底軍艦 轟天号 限定版」

 

商品概要

新世紀合金 東宝メカニック 海底軍艦 轟天号

・ スケール:1/350
・ 塗装済み完成品
・ 材質 <船体:合金、その他パーツ:ABS、プラスチック>
・ 艦橋部、鋸、翼、垂直尾翼は本体へ完全収納可能
・ LEDにより噴射口が点灯
・ ドリル部は正転・逆転可能
・ 冷凍銃発射口は前後に可動
・ 展示台付属

発売日 2017年12月発売予定

価格 19,000円(税抜)予定


新世紀合金 東宝メカニック 海底軍艦 轟天号 限定版

・ スケール:1/350
・ 塗装済み完成品
・ 材質 <船体:合金、その他パーツ:ABS、プラスチック>
・ 艦橋部、鋸、翼、垂直尾翼は本体へ完全収納可能
・ LEDにより噴射口が点灯
・ ドリル部は正転・逆転可能
・ 冷凍銃発射口は前後に可動
・ 展示台付属

発売日 2017年12月発売予定

価格 19,000円(税抜)予定

※製品画像はイメージです。実際の商品とは異なる場合がございます。
TM &©TOHO CO.,LTD.