1UP情報局【ワンナップ】秋葉原&アキバ系ニュース・エンタメ情報

秋葉原&アキバ系のエンタメ情報をはじめとした旬なニュースを配信

【AKB 豆腐プロレス】1UP情報局が独断と偏見と好みで「名勝負ランキング」を作ってみた【その1】

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

8月29日(火)AKB48グループによる「豆腐プロレスThe REAL 2017 WIP CLIMAX in 後楽園ホール」が開催された。メンバーたちの文字通り身体を張った熱闘の数々に超満員のファンは大熱狂。メンバーたちもその熱気に応え“ガチ”のプロレスを魅せてくれた。どの試合も甲乙つけがたい出来だったが、1UP情報局が独断と偏見と好みだけで名勝負ランキングを作ってみた。今回は7位、6位の発表。

第7位「敗者」の高いスキルに注目

▼第6試合 セミファイナル 30分1本勝負
〇ユンボ島田&クイウチ松村
17分38秒 ※片エビ固め
×デビー・コング&シェリー・ヤマナカ
※クイウチ松村がクイウチドライバーからシェリー・ヤマナカを3カウントのフォール

松村のDDTがシェリーに決まる。勢いがついていたシェリーはリングに頭を突き刺す形になった

松村のDDTがシェリーに決まる。勢いがついていたシェリーはリングに頭を突き刺す形になった

おそらく入場から退場まで、この日最も盛り上がった試合である。特にユンボ島田(島田晴香)への声援と紙テープの数はこの日一番に。ドラマでは主役のハリウッドJURINAのライバル役として、名脇役を演じていた島田晴香だが、逆にそれがファンの共感を呼んだようだ。また、9月にAKB卒業と芸能界引退が控えていることもあるだろう。

大量の紙テープが投げられた松村、島田の入場シーン

大量の紙テープが投げられた松村、島田の入場シーン

試合も、本来ヒール(悪役)であるユンボ島田&クイウチ松村の工事現場同盟への大声援に対し、圧倒的な体格差を誇るデビー・コング&シェリー・ヤマナカには大ブーイングが鳴り響く中、ハイレベルなプロレスが繰り広げられた。

島田がデビーに決めたドラゴンスクリュー。デビーの巨体が宙を舞った

島田がデビーに決めたドラゴンスクリュー。デビーの巨体が宙を舞った

デビーのジャイアントスイングが松村を襲う。喰らった松村はリングで大の字

デビーのジャイアントスイングが松村を襲う。喰らった松村はリングで大の字

デビーの技は止まらない。アルゼンチン・バックブリーカーで松村の背骨を痛めつける

デビーの技は止まらない。アルゼンチン・バックブリーカーで松村の背骨を痛めつける

体格差をいかしたネックハンギングツリー

シェリーは体格差をいかしたネックハンギングツリー

さらにはシェリーのボディスラム

助けに入った島田を捕まえたシェリーは強力なボディスラムを放つ

ダウンしても攻撃の手はゆるめない……!

ダウンしても立ち上がらせては大技を放つWWZ元王者チーム。攻撃の手をゆるめる気配がない

【次ページ】絶対絶命の松村&島田組……勝機はあるのか!?

1 / 3123