1UP情報局【ワンナップ】秋葉原&アキバ系ニュース・エンタメ情報

秋葉原&アキバ系のエンタメ情報をはじめとした旬なニュースを配信

【やっぱり人生は素晴らしい】コスプレイヤー&モデルが主催の1日限定カフェ「バニーガールイベント」が盛況

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

8月19日(土)、東京・池袋のレンタルカフェで、コスプレイヤーや撮影モデルさんらが主催する1日限定カフェイベント「イヌモエカフェ バニーガールイベント」が開催された。同イベントは、登場キャストがバニーガール姿という大変有り難いカフェイベント。早速その様子をレポートしたい。

タイト感、光沢感がsexy…!

店内はカウンター席もあり、比較的ゆったりめのスペース感

店内はカウンター席もあり、比較的ゆったりめのスペース感

1UP情報局がこのイベントを知ったのは、東京・秋葉原のメイド喫茶「JAM Akihabara」でフライヤーを見かけたからだった。過去、コスプレイヤーさん主催でいくつもの1日限定カフェが開催されてきた。「競泳水着カフェ」「スク水ビアガーデン」「女児おむつパーティー“おむパ”」……そしてバニーガールカフェイベント「バニーガール横丁」も人気だった。1日限定カフェの魅力は、その衣装の統一感と、キャスト陣との交流。中には普段男装しかしていないコスプレイヤーさんの登場もあり、貴重な光景を見る事ができる。

店内でお給仕を開始するバニーさんたち

店内でお給仕を開始するバニーさんたち

バニーガールの衣装は、その脚線美とコスチュームのタイト感、フィット感が魅力だ。記者が聞いたところ、「バニーガール向上委員会」のバニーコート(黒)とのことだった。バニー系衣装販売の名門だ。この日もそんなコスチュームを拝見すべく、バニーガールを愛する紳士達が開店前から店舗前に列を形成していた。DSC_2162

絶妙な距離感のお絵描きケーキ

この写真の構図は記者も撮影時にためらったが、主催のイヌモエさんから「この構図最高じゃないですか?!」と大変な後押しがあったため秒速でシャッターをきった

この写真の構図は記者も撮影時にためらったが、主催のイヌ発電さんから「この構図最高じゃないですか?!」と大変な後押しがあったため秒速でシャッターをきった

イベントは12時から開始された。1部70分制で合計4部。1部の参加費は3000円だが、2ドリンク付くのが嬉しい。入場後、みなソフトドリンクやビールを注文し、バニーガールを眺めながら盃を空けていくのだった。メニューはフードでは「肉巻きおにぎり」(1000円)、「ソーセージ盛り合わせ」(1000円)、ミックスナッツ(500円)などがあり、中でも人気だったのが「バニーさんのしっとりお絵かきケーキ」(2000円)。クルミが入ったしっとりしたケーキにバニーガールがチョコソースでお絵描きしてくれるというものだ。しかもキャストさんのこの日限定のブロマイドが付いて来るというので、参加した紳士たちから注文が相次いだ。DSC_2465DSC_2473

お給仕しながら一言二言話すことができるのは、メイド喫茶と同じスタイル。中には、知る人ぞ知るバニーガールイラストレーター・まぐ太さんのイラスト集を持参する卓越的兎紳士もいて、記者は「この方はかなりハイレベルだ」と驚嘆した。そのイラスト集をバニーガールに見せたり、隣にいたお客さんに紹介するなど、お店の中には一体感が漂っていた。

物販コーナーでは、漫画家の千明太郎さんが描いたイラストを使った新作Tシャツと缶バッジ、さらにブロマイドなどが販売。またキャストの八重子さんの写真集などもあり、参加者の注目を集めていた。最後に、この日登場した5人のキャストさんのお写真を紹介したい。

【次ページ】脚線美が素晴らしい…キャストさんのお写真を激撮してきた!!